脱毛サロンに通うメリット・デメリットと光脱毛の効果や金額

光脱毛

これから脱毛しようと考えている人が迷うのが、エステかクリニックのどちらで施術を受けるかということですよね。

一般的には、店舗数が多く通いやすいエステで脱毛する人が多いのですが、エステ脱毛は本当に効果があるのか、医療脱毛とどう違うのか知りたいはずです。

そこで、ここではサロンの光脱毛と医療脱毛の違いをご紹介しながら、エステサロンで採用されている光脱毛のメリットやデメリットを解説していきます。

光脱毛の種類と特徴

光脱毛 種類と特徴
エステサロンで受けられる光脱毛とは、肌に光を当てて毛根にダメージを与える脱毛方法のことを指し、その施術方式から「IPL脱毛」・「SSC脱毛」・「SHR脱毛」の3種類に分けられています。

では、それぞれの特徴を説明していきますので、どれが一番ご自身に合っていそうなのか参考にしてみて下さい。

IPL脱毛

特徴

  • サロンの代表的な施術法
  • 濃い毛に効果大
  • VIO脱毛
  • 短時間の施術
  • 光脱毛の中では痛みが強い
  • ホクロや日焼けはNG
IPL脱毛の仕組み

IPL脱毛

IPL脱毛とは、光源にキセノンランプというものを使用しており、メラニン色素に反応して熱を発生させ、毛根にダメージを与える代表的脱毛方法です。

脱毛方法で、エステ脱毛で最も多いのがこのIPL脱毛で、特に剛毛や濃い毛に効果を発揮します。VIO脱毛を考えている方はIPL脱毛がおすすめです。

今生えている毛にアプローチできるので、効果を実感できるのが早いのですが、白髪やうぶ毛や毛の生えていない毛根にはアプローチがほとんどできないということと、光脱毛の中では痛みが強いというデメリットがあります。

しかし痛みが強いと言ってもレーザー脱毛に比べれば、肌がよほど敏感な人でなければ痛みはあまり感じないでしょう。また、広範囲の施術が可能なので、一回あたり15分〜20分程度の短時間で施術が終わります。

メラニンに強く反応するので、ホクロはNGですが専用のシールを貼って光が当たらないようにすることで施術が可能です。

しかし、強い日焼けをした部分は施術自体できませんので注意しましょう。

SSC脱毛

特徴

  • ジェルを浸透させて脱毛
  • 美肌効果が高い
  • 敏感肌の方に向いている
  • 痛みが少ない
  • 毛周期に関係なく脱毛できる>
SSC脱毛の仕組み

SSC脱毛

SSC脱毛も、メラニンに光が反応する点はIPLと同じですが、抑毛効果・脱毛効果のあるジェルを弱い光の照射で毛根まで浸透させ、脱毛するのが特徴。

光そのものの力で脱毛するのではなく、光の力を借りてジェルの効果で脱毛するのがIPL脱毛と全く異なります。

他の脱毛法はメラニン色素に直接反応させて脱毛するため、毛周期に合わせて施術する必要がありましたが、SSC脱毛の場合は毛根では毛穴からアプローチしていくので毛が生えていなくでも施術が可能です。

また、SSC脱毛で使用されるジェルには、脱毛成分だけでなく美肌成分も配合されているケースがほとんどで、脱毛と美肌効果が一度に得られるというメリットもあります。

さらに毛根への直接的な熱のダメージが少ないため、敏感肌の方におすすめの脱毛です。

SHR脱毛

特徴

  • バルジ領域と毛包全体を刺激
  • 抑毛効果が高い
  • 日焼け肌やホクロでもOK
  • 白髪やうぶ毛にも効果大
SHR脱毛の仕組み

SHR脱毛
毛根に働きかけるIPL脱毛やSSC脱毛とは異なり、SHR脱毛は毛を生やす司令塔である「バルジ領域」と毛包全体に刺激を与えられる脱毛法です。

「蓄熱式脱毛」とも呼ばれ、弱い光線による熱を広範囲に蓄積させて刺激を与えます。

弱い光なので痛みがなく、メラニンに反応しているわけではないので、白髪やうぶ毛、日焼けした肌にでも脱毛効果があるのが最大のメリットと言えるでしょう。

また、日焼けやホクロがある箇所でも施術可能です。こちらも毛周期を気にせず最後の施術から最短で2週間の間隔で施術ができます。

光脱毛と医療脱毛(レーザー脱毛)の違い

光脱毛には、IPL脱毛とSSC脱毛、SHR脱毛の3種類があることがわかりました。

しかし、光脱毛と医療レーザー脱毛の違いについて疑問をお持ちの方もいるかと思うので、両者の違いを分かりやすく解説します。

照射する光線の種類が違う

光脱毛と医療脱毛は、いずれも毛母細胞にダメージを与えることで脱毛を行うのですが、施術するときのエネルギー量に違いがあります。

医療脱毛は高出力のレーザー

医療脱毛は高出力のレーザーを使って毛母細胞を破壊しますが、毛が生えてくる根本を壊すので、脱毛完了後に毛が生えてくることはありません。

光脱毛は低出力のレーザー

光脱毛は出力が高くないため、毛母細胞(毛乳頭)を破壊することなく、痛めつけることしかできません。

それでも、正常な状態よりは弱ってしまいますので、施術するたびに生えてくる毛が弱々しくなっていき、人によっては医療脱毛に限りなく近い状態にまで仕上げることができます。

毛母細胞を破壊する永久脱毛法は、医療機関しか認められていないため、クリニックや病院でしか施術できません。

このような理由で、「光脱毛=エステサロン」「医療脱毛=クリニック」というような棲み分けが行われているのです。

光脱毛では永久脱毛はできない

医療脱毛は毛母細胞を破壊するので永久脱毛できますが、光脱毛は毛母細胞が残るので、個人差がありますが毛がまた生えてきます。

しかし、最近の光脱毛機の技術が向上してきたこともあり、エステサロンでの光脱毛でも、永久脱毛と変わらないくらいにまで脱毛できたというケースも増えつつあります。

そのことを頭に入れた上で、光脱毛のメリットとデメリットを見ていきましょう。

医療脱毛と光脱毛の違いについてさらに詳しくはこちら
医療脱毛医療脱毛のメリット・デメリット!光脱毛とレーザー脱毛おすすめはどっち?

光脱毛の効果や金額

光脱毛の気になる効果や金額について紹介します。

光脱毛の効果

医療脱毛の場合は1~2年で永久脱毛できますが、光脱毛は医療脱毛と同等のレベルにまで仕上げようとすると2~3年かかるため、効果を実感するまでに時間がかかります。

その間、毛周期を見ながら1~3ヶ月に1回の施術を受けることになりますので、トータルで15回前後エステサロンに通わなくてはいけません。※個人差があります。

光脱毛の効果の実感としては、1回の施術が終わり1~2週間で毛が抜け落ちてツルツルの状態にはなります。

その後、また毛が生えてくるというサイクルを繰り返しますが、施術するたびに脱毛状態にはなるので安心してください。

光脱毛の金額

光脱毛の価格はプランによりますが、基本的に全身プランか、好きなパーツ(LパーツorSパーツ)を選ぶかのどちらかになります。

価格的には全身プランの方が一回あたりの料金に計算すると断然お得になります。

脱毛箇所TBCミュゼキレイモ
全身プラン(4回)129,140円(税込)128,600円(税抜)月額6,900円(税込)
Lパーツ1回6,600円7,700円無し

※キレイモの脱毛メニューは全身脱毛コースのみとなります。

金額も重要ですが、先ほど紹介した光脱毛の種類や効果をしっかりと比較しながら選ぶようにしましょう。

光脱毛はどんな人に向いてる?

光脱毛 おすすめの人
光脱毛の種類や医療脱毛(レーザー脱毛)との違いを説明しましたが、知れば知るほど光脱毛を選ぶべきか、医療脱毛を選ぶべきかで迷うのではないでしょうか。

そこで、どんな人が光脱毛に向いているのかについて紹介します。

エステサロンで定期的に体のお手入れをしたい人

ヨガやフィットネスに通うように、エステサロンに通って美しい体を維持したい。

そういう考えを持っているなら、エステサロンでの光脱毛がおすすめです。脱毛だけでなく、フェイシャルエステなども受けることができ、トータルで自分の美を高めることができます。

それだけお金はかかりますが、自分への投資だと思えるのであれば、エステサロンで継続的に体のメンテナンスを行い、その一環として光脱毛を行ってもらいましょう。

ムダ毛が気にならない程度に仕上がればいいという人

医療脱毛を行うと永久脱毛できますが、永久脱毛をすると毛がきれいになくなるので、仕上がりがどうしても人工的というか、不自然に感じてしまう場合もあります。

そうではなく、もっとナチュラルな感じを残したいという人は、永久脱毛にならない光脱毛がおすすめです。

わき毛のように完全になくなっても構わない部分は医療脱毛で永久脱毛し、デリケートゾーンやうなじのようなナチュラルに薄くしたいというような場所には光脱毛を選ぶなど、脱毛する箇所によって使い分けるというのもおすすめです。

気軽に脱毛をしたい人

脱毛ができるエステサロンは医療脱毛が受けられるクリニックより群を抜いて店舗数が多いです。

そのため、仕事帰りや休みの日に通いやすく、施術ルームも落ち着いた雰囲気ですのでリラックスして脱毛してもらえます。

しかもエステサロンは頻繁に割引キャンペーンを行っていますので、初回の脱毛や全身脱毛をお試し価格で受けられるケースもあり、お財布にも優しいです。

このように、エステサロンでの光脱毛は、気持ちの面でも、金銭面でも気軽さがあります。「脱毛ってどんな感じか試してみたい」というような人には、医療脱毛ではなくエステサロンでの光脱毛をおすすめします。

光脱毛のメリット

光脱毛 メリット
それではまず、光脱毛のメリットについて見ていきましょう。

メリット
  • 施術中の痛みが少ない
  • 自己処理がだいぶ楽になる
  • 肌の弱い人でも施術できる
  • 1回あたりの費用が安い
  • 店舗数が多いので通いやすい
  • 脱毛以外の美容相談もできる
  • 毛穴の引き締めにより美肌効果が期待できる

すでに聞いたことがあるメリットもあるかもしれませんが、それぞれのメリットについて詳しく内容を確認していきましょう。

施術中の痛みが少ない

光脱毛の種類別の痛み

光脱毛は出力が弱いため、医療脱毛やブラジリアンワックスなど他の脱毛方法と比べると刺激が小さくて痛みがかなり抑えられています。

痛いのが苦手だという人でも、耐える必要もないくらい痛みを感じないこともあります。

最近では医療脱毛でも痛みが少ない脱毛器が増えてきましたが、それでもまだ光脱毛のほうが痛くないことには変わりありません。

痛みがどうしても不安だというのであれば、エステサロンの光脱毛がおすすめです。

注意
ただし、毛の濃さによっても痛み具合が変わり、男性の口ひげやVラインなど毛が濃い部分は多少痛みが伴うことがあります。

自己処理が楽になる

自己処理 時間
先ほども申し上げたとおり、光脱毛は永久脱毛ではないので、ムダ毛が完全になくなることはありません。しかし、だからといって光脱毛が無駄かと言うとそうではありません。

脱毛サロンミュゼの調査によると、女性が自身でムダ毛処理を一生に行う日数を集約すると約25日間(611時間)かかっているという結果がでています。※45年間、平均週に1回10分程度ムダ毛処理をし続けた場合

自身でムダ毛処理を行えば確かに費用を安く抑えられますが、全身と考えると途方もない時間が取られてしまい、さらに毛はまた同じ太さや濃さで生え続けてきます。

脱毛サロンに通うことで、毛が薄くなり自己処理の時間が大幅に短縮できることは大きなメリットといえますし、うまく行けばムダ毛処理が必要ないほど目立たないようになります。

費用をどうしても抑えたいという方は、背中やVIOといった自身で処理が難しい部分のみサロンで脱毛してもらうのも一つの方法です。

肌の弱い人でも施術できる

光脱毛は脱毛器の出力が小さいため、肌に与えるダメージも医療脱毛よりも小さくなります。

肌の弱い人は、医療脱毛の高出力レーザーを照射することで肌トラブルを生じることがありますが、光脱毛の場合にはそのリスクが低くなるということです。

アトピー性皮膚炎などで肌が荒れているような状態の施術は困難だと思いますが、肌が安定していれば問題なく施術できます。

もちろん、施術前のカウンセリングで肌の状態をきちんと確認し、施術の可否を決めてくれるので安心して任せることができるでしょう。

1回あたりの費用が安い

光脱毛 安い
光脱毛のメリットは、1回あたりの施術費用が安いという点も挙げられます。

脱毛する箇所にもよりますが、医療脱毛と比べると半額から3分の1程度の費用で施術できるのが大きな魅力です。

低価格とあって、学生さんや専業主婦の方がエステサロンで脱毛を受けている人も少なくありません。

エステサロンは競争が激しいということもあり、常にどこかのエステサロンで「初回0円」や「のりかえ割」などのキャンペーンを行っています。

それらのキャンペーンを上手く利用すれば、どなたでも初期費用を大幅に抑えることができるのです。

無料体験や無料カウンセリングなども行っていますので、効果を実感したり、きちんと説明を受けたりしてから始められるのも光脱毛のメリットになります。

ミュゼ

店舗数が多いので通いやすい

エステサロンは全国に5,000店舗以上あり、都市部の主要駅周辺には、必ずと言っていいほどエステサロンがあります。

このため、生活圏内や通勤圏内にエステサロンがあるというケースが多く、通いやすいというのも光脱毛のメリットです。

脱毛効果という面ではクリニックの医療脱毛のほうが優れていますが、クリニックの多くがあまり立地のよくない場所で営業していることが多く、アクセスが悪く通うために予定を調整するといった手間がでてくることがデメリットと言えます。

メリデメスタッフ
脱毛は1回で効果が出るものではなく何度も通うことになるため、アクセスのしやすさという点では、エステサロンの方が便利です。通うこと自体がめんどうになってしまうと元も子もないので、自宅や職場の近くなど生活範囲内でのエステを探しましょう。

脱毛以外の美容相談もできる

光脱毛 メリット
光脱毛の最大のメリットは、美容に関する相談ができるという点にあります。

脱毛を考えている人の多くが、美しくなりたいという気持ちを持ってるはずです。例えば、ボディラインを美しくしたい、肌を美白したいなど、脱毛以外の施術を行ってもらえるのもエステサロンの魅力です。

美容のプロであるエステシャンが対応しますので、様々な美容に関する悩みの相談ができ、さらにその悩みを解決してくれるプランを提案してもらえるでしょう。

自分の体を美しく保つためのメンテナンスとして、定期的にサロンに通うだけで美への意識が高まり、美容の知識が増えていくことでしょう。

とにかく女子力を高めたいという人はエステサロンでの脱毛が適しています。

毛穴の引き締めにより美肌効果が期待できる

脱毛で毛穴が目立たなくなる
光脱毛でも医療脱毛でも、毛穴はそのまま残ります。

毛穴は毛が生える以外にも、汗や老廃物を出すために必要なものですので、無くなるということはありません。

ただし、脱毛が完了した毛穴は自然と閉じていきます。そうなると周辺の皮膚が引っ張り合うことになるので、肌にハリが生まれます。

さらに、毛穴に老廃物が溜まりにくくなりますので、毛穴が汚れることもありません。顔脱毛をした場合には、化粧のノリが改善されるため、メイクの仕上がりが良くなるというメリットもあります。

脱毛による美肌効果は、脱毛をするおまけのようなものですが、人によっては脱毛をしたことで得られる1番嬉しいメリットかもしれません。

光脱毛のデメリット

光脱毛 デメリット
光脱毛にはメリットがたくさんありますが、その一方で下記のようなデメリットもあります。

デメリット
  • 永久脱毛ではない
  • 効果が得られるまでに時間がかかる
  • 施術回数が増えてくると医療脱毛よりも割高になる
  • 施術する人によって技術にバラツキがある
  • 産毛や白髪に対しては効果が薄い
  • 日焼けしている肌は施術できないことがある
  • 人に体を見られる

デメリットを把握しておかないと、脱毛後に後悔することもありますので、デメリットの詳細をしっかりとチェックしておきましょう。

光脱毛は永久脱毛ではない

すでにお伝えしましたように、光脱毛は永久脱毛ではありません。

エステサロンでは毛母細胞を破壊するといった行為が認められていませんので、毛が生えるのを根本から解決することはできないのです。

ただし、毛母細胞に繰り返しダメージを与えるため、生えてくる毛は徐々に細くて弱々しいものになります。

個人差はありますが、最終的には医療脱毛をしたのと同じくらいの状態にまで仕上がることもあります。

効果が得られるまでに時間がかかる

先ほども申し上げたとおり、光脱毛によってムダ毛が目立たなくなるまで、2~3年かかり、トータルで15回前後エステサロンに通います。

しかし、それだけの期間をかけて脱毛をしたにも関わらず、まだ毛が生えてくるというようなケースもあるというのが、光脱毛の大きなデメリットになります。

まったく効果がないわけではなく、多くの人は仕上がりに満足しています。ただ、医療脱毛のように確実に脱毛が完了するわけではないということは、きちんと覚えておく必要があります。

施術回数が増えてくると医療脱毛よりも割高になる

1回の施術費用は光脱毛のほうが安くなっていますが、施術回数が多いためトータル費用は光脱毛も医療脱毛もそれほど差がありません。

もし少ない施術回数で脱毛が完了した場合には、医療脱毛よりも割安になりますが、反対に施術回数が増えると割高になります。

ここまで繰り返しお伝えしてきましたように、光脱毛は医療脱毛よりも繰り返しの施術が必要で、そのうえやってみないとどこまで仕上がるのかが分かりません。

このため、完了まで費用がいくらかかるのかも分からないというデメリットがあります。

施術する人によって技術にバラツキがある

光脱毛の施術を行うのはエステシャンです。脱毛器の取り扱いに関する講習を受けている人が施術するので、どの人が担当になっても一定の効果は期待できます。

ただし、経験の浅いエステシャンと何度も施術しているエステシャンでは技術や経験に差があります。

技術力の高いエステシャンが担当になれば、施術後の肌トラブルが起こる可能性が低くなりますが、講習を受けたばかりという人が担当になると、正しく操作ができなくてきちんと照射できていないこともあります。
画像出典:Yahoo!知恵袋
メリデメスタッフ
脱毛をしてもらった部位のうち、一部分だけ毛が抜け落ちなかった場合、無料で照射し直しをしてくれるエステもありますし、あまりにも脱毛効果が薄いと感じたら、できるだけ経験値の高いエステシャンに施術してもらいましょう。

産毛や白髪に対しては効果が薄い

光脱毛は毛のメラニンに作用する仕組みになっているため、メラニンの薄いうぶ毛や白髪に対してはうまく照射することができません。

このデメリットは光脱毛に限ったことではなく、同じ仕組みを採用している医療脱毛でも起こる問題です。

うぶ毛に効果のある脱毛器も増えてきましたが、すべてのエステサロンで用意されているわけではありませんので、3年間通っても産毛や白髪だけ残ってしまうということもあります。

脱毛器との相性もありますので、うぶ毛も脱毛したいという場合には、最初のカウンセリングで相談してみましょう。

日焼けしている肌は施術できないことがある

日焼け 脱毛
光脱毛で照射する光は、毛のメラニンだけでなく黒いものに反応します。

そのため、強い日焼けをしている場合には肌自体に照射されてしまい、肌トラブルを引き起こしてしまうので、施術を受けられなくなります。

さらに、施術後は肌が敏感な状態になっているため、脱毛直後の日焼けもNGです。

夏場でも肌の露出をできるだけ控えて、外出するときには日焼け止めを塗るなどして、肌に刺激を与えないために日焼け対策を徹底して行ってください。

人に体を見られる

自己処理を行う方の中には「他人に体を見られるのが嫌」という方もいらっしゃるでしょう。中にはエステに通っているのを人に見られたくないという方もいらっしゃいます。

確かにエステサロンでは、上下の専用ショーツを着用し、その上からタオルを被せて肌を隠すようにはしてくれますが、脱毛箇所に光線の熱ダメージを軽減するための冷却ジェルを塗る際はどうしても肌を露出しなくてはいけません。

どうしても他人に体を見られることに抵抗がある方は、光脱毛が自宅で気軽にできる家庭用脱毛器の使用も検討してい見ましょう。

おすすめの家庭用脱毛器について詳しくはこちら
家庭用脱毛器家庭用脱毛器のメリット・デメリット!効果はいつから現れるのか?VIO脱毛は適してる?

痛みが少なく肌に優しい光脱毛でムダ毛にさよなら

光脱毛は永久脱毛ができないのでNGとされることもありますが、脱毛効果はありますし、ほとんどの人が永久脱毛をしたのと同じくらいの状態にまで仕上げることができます。

ただし、医療脱毛よりも施術回数が多くなるため、医療脱毛と同じレベルまでにするなら金銭面でのメリットはそれほどありません。

それでも、光脱毛の大きなメリットは、エステサロンで美容に関するサポートや施術を受けられることにあります。

脱毛だけでなく様々なエステを受けることができ、美容に相談も受けてくれるので、光脱毛は体のメンテナンスを継続的に行いたいという人に適しています。

いつまでも美しくありたいという気持ちは、何歳になっても持ち続けていきたいものです。

ムダ毛で悩んでいて、エステに通おうか迷っている人は、まずはお試し価格で体験してみてもいいでしょう。エステ脱毛でさっそくあなたも理想のお肌を手に入れてみませんか?