ChatWiFの口コミと評判!使ってわかったメリット・デメリット

ChatWiFi(チャットワイファイ)

1人暮らしを始めるときに、インターネット回線を引くかどうかで迷いますよね。キャリア契約だけではあっという間にギガ不足になりそうですが、かといってスマホ料金の他にもインターネット回線を用意するとなると、毎月の通信費がかなり高額になってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、2019年にサービスが始まったレンタルWi-FiサービスのChatWiFi(チャットワイファイ)です。

Chat WiFi(チャットワイファイ)はまだ始まったばかりであまり知られていませんが、マニアの間ではすでに注目されているサービスでもあります。

ここではそんなChat WiFiの口コミや評判から、どのようなメリット・デメリットがあるのか、当サイト限定の特別クーポンの紹介も含めてご紹介していきます。

クーポンコードを使うと月額5,500円が3,580円になります。

限定クーポン:chat-r-a01

ChatWiFiはどんなサービス?

メリットやデメリットをお伝えする前に、まずはChat WiFiがどのようなサービスなのかをご紹介していきます。

Chat WiFiはモバイルルーターを回線ごと貸し出すサービスです。格安SIMサービスに似ていますが、Chat WiFiのSIMカードでは電話やSMSを使えず、データ通信回線だけを提供しています。

Chat WiFiの特徴

  • 解約金・端末本体代金なし
  • 容量制限なし
  • 海外でも利用可
  • 最短当日発送

大きな特徴としてはこの4点が挙げられます。それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

解約金・端末本体代金なし

docomoやau、Softbankといったキャリアは解約月以外で解約しようとすると、解約金が発生します。最近は格安SIMサービスでも解約金がかかるものもあります。ところがChat WiFiなら、解約金がかかりませんので、不要になったらいつでも解約できます。

ただし、契約には初期費用が発生しますので、必要なときだけ契約というような使い方には向いていません。ある程度長期間使わないと割高になってしまいますので注意してください。

また、月額にモバイルルーター本体のレンタル代が含まれていますので、別途端末本体代金を払う必要がありません。レンタルWi-Fiですが、手持ちの端末で利用したいという場合には、SIMだけの契約も可能です。

ちなみに、回線はSoftbankのものを使いますので、自分の端末を使う場合には、Softbank端末もしくはSIMフリー端末を用意してください。

容量制限なし

Chat WiFiサービスの最大の魅力は容量制限がないことです。他社では「容量制限なし」としていても3日で10GBという制限があり、それ以降は「低速で」使い放題という状態になります。そうなるとYouTubeなどを見るのも難しくなりますが、Chat WiFiはそれがありません。

正確には100GBを超えたところで、回線元の判断により速度制限がかかります。ただし、100GBというのは1日3.3GBも利用できる計算になります。YouTubeのSD画質なら5時間くらい見ることができますので、ほとんどの人はこれに引っかかることはないはずです。

海外でも利用可

チャットワイファイの面白いところは、クラウドSIMという技術を使っているため、レンタル端末をそのまま海外で使うことができることにあります。海外によく行く人は、その国のSIMカードを差し替えて使っているかと思いますが、Chat WiFiならその必要はありません。

ただし海外で使うためには海外容量のチャージが必要で、料金はやや割高です。

1GB5,000円
3GB10,000円
6GB16,000円
10GB21,250円
12GB23,750円
24GB43,500円

例えば人気の海外旅行先である台湾の場合、現地SIMが3日間使い放題で300台湾ドル(約1,060円)で利用できます。携帯キャリアでも1日980円程度で制限なしで使える国も多く、金銭的なメリットはありません。

とはいえ、SIMカードの購入や細かな設定などをする必要もありません。空港でモバイルWi-Fiを借りるという人もいますがその手間もいりませんし、返却忘れなども起きません。さらに、いつもと同じ感覚で利用できますので安心感があります。

最短当日発送

Chat WiFiの嬉しいところはもうひとつあって、申し込みをしてすぐに使えるという特徴があります。最短で当日発送を行ってもらえますので、明日から新居で生活が始まるという人でも、ネット回線がなくて困るということもありません。

ただし、通常は3営業日以内の発送で、土日祝の発送はしていません。できるだけ時間に余裕をもって申し込みすることをおすすめします。

チャットワイファイの利用料金

ここまでの説明でChat WiFiがとても魅力的なサービスだと分かってもらえたかもしれませんが、気になるのはお値段ですよね。海外容量の高さを見て不安になった人もいると思います。

でも安心してください。Chat WiFiの魅力はなんといってもその利用料金の安さにあります。しかもプランがとてもシンプルです。

利用するのに必要な費用

  • 初期費用
  • 基本料金
  • オプション料金

それぞれに分けてご紹介していきます。

初期費用

本体+SIMレンタル
事務手数料3,980円(税抜)
デバイス登録料4,500円(税抜)
SIMだけ
事務手数料3,980円(税抜)

初期費用は本体の有無で違います。本体も借りる場合にはデバイス登録料がかかります。その場合は8,480円もかかりますので、やや割高に感じるかもしれません。とはいえ長期間利用するつもりであれば、すぐに元を取ることができます。

基本料金

本体+SIMレンタル
通常5,500円(税抜)
クーポン適用時3,880円(税抜)
SIMだけ
通常5,100円(税抜)
クーポン適用時3,080円(税抜)

気をつけてもらいたいのが基本料金です。クーポンがあるのとないのとでは金額に大きな違いがあります。必ずクーポンを使って申し込みを行いましょう。クーポンはキャンペーン開催時に発行されます。

現時点では「よくある質問&新生活応援クーポン」のページに、クーポンが表示されています。こちらを申込時に入力して、格安価格で利用しましょう。

限定クーポン:chat-r-a01
クーポンコードを使うと月額5,500円が3,580円になります。

オプション料金

Chat補償月額500円
Chatセキュリティ月額500円

Chat WiFiには2つのオプションが用意されています。ひとつは本体端末の補償を行うChat 補償で、故障や破損、水没だけでなく盗難や紛失にも対応しています。さらにはバッテリー交換してもらえますので加入をおすすめします。

Chat セキュリティはセキュリティソフトを提供するサービスです。すでになんらかのセキュリティソフトを使っているという場合には必要ありません。フルクラウド技術により、端末が遅くなることがありませんので、セキュリティが不安だという人は加入しておきましょう。

いずれも初月加入が必須ですので、不要な人は2ヶ月目以降解約しておきましょう。ただし、Chat 補償は解約すると再加入できないので注意してください。

ChatWiFiを利用するための流れ

STEP.1
WEBサイトから申し込み
中身1
STEP.2
クレジットカードによる支払い
中身2
STEP.3
本体とSIMカードの発送
中身3
STEP.4
利用開始
中身4

Chat WiFiを利用するには、まずWEBサイトから申し込みをします。現時点では家電量販店などでは申し込みできません。申し込みページから必要事項を入力してください。申し込みには本人確認書類として下記のいずれかが必要になります。

  • 免許証(表面と裏面)
  • パスポート(氏名と顔写真が記載されているページ)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

初期費用や月額使用料の支払いにはクレジットカードを使います。デビットカードやチャージ型クレカ、コンビニ払いなどには対応していませんので注意してください。支払いが完了すると、3営業日以内に商品が発送されます。

商品が到着したら、説明書に従って簡単な初期設定を行うだけですぐに使用可能な状態になります。

ChatWiFiの口コミや評判からわかるメリットとデメリット

ここまでの説明はChatWiFiの公式サイトなどに書かれている情報を、分かりやすくまとめたものです。このため、基本的にはChat WiFiにとって都合のいい情報ばかりです。

こういうサービスを利用するときには、それらを鵜呑みにするのではなく、実際に利用した人の声もチェックしておきたいところです。

ここでは、実際に利用した人の口コミや評判をまとめてご紹介し、その情報からわかるメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

実際に利用した人の口コミや評判

地下鉄でも回線が途切れなくて快適

今まで使っていたサービスに比べたら若干遅い

13時間つけっぱなしでも、まだ半分もバッテリーが残っている

今は快適だけど人気が出てきたら回線が混みそう

YouTubeは普通に見ることができる

上記がChat WiFiを実際に利用した人の口コミや評判です。まだサービスが始まってあまり時間が経過していないのもあり、数はそれほど多くありません。それでも高く評価する内容が多く、不満を感じている人はほとんどいません。

格安SIMサービスによくあることですが、あまりにも注目されると回線速度が遅くなるというものがありますが、これに関しては現時点では「不明」です。

ただし、数万人規模で利用者を獲得しようというサービスでもありませんので、しばらくは快適に使うことができそうです。

Chat WiFiのメリット

  • ほぼ1日充電することなく使うことができる
  • 大容量のデータをやり取りしないなら主回線になる
  • 国内のデータ通信だけなら格安
Chat WiFiは国内で使用することだけを考えれば、とても魅力的なサービスです。

クーポンを使えば本体レンタル込みで税抜4,000円以下ですし、バッテリーの持ちもいいのでほぼ1日使えます。寝ているときに充電をしておけば電池切れで悩まされることもありません。そのバッテリーもChat 補償に加入しておけば交換してもらえます。

パソコンで大容量の動画や写真を頻繁にアップロードするような使い方には適していませんが、通常の使用範囲であれば100GBもあれば主回線としても利用できる、とても優れたサービスになります。

Chat WiFiのデメリット

  • 初期費用や海外利用を含めて考えると割高
  • 地域や時間帯によっては回線が遅くなる
  • 始まったばかりのサービスで将来性が不安
メリットの大きいサービスですが、残念ながらデメリットもあります。最大のデメリットは、他社と比べると初期費用が高くなるということ。そして海外利用はあまり現実的ではないという点です。ただし、長期間使うのであれば初期費用は気にする必要もありませんし、海外では現地SIMを入れればいいだけのことです。

Softbankの回線を利用しているので、時間帯によってはどうしても回線が混みます。ランチタイムや夕方の退社時間は思ったようなスピードが出ないこともありますので、その点は周りのSoftbankユーザーに回線速度の不満がないか確認しておきましょう。

デメリットというほどではありませんが、大きな不安要素としてサービスの継続性というものが挙げられます。始まったばかりのサービスで、会社もそれほど大きくありません。このため、いきなり「サービスを終了します」ということも想定しておく必要があります。

とはいえ、それらは他の格安SIMでも言えることですし、サービスが終わっても他社に乗り換えるだけですので、頭の片隅に置いておけばそれで十分です。むしろ、利用者が増えてクーポンの発行がなくなる前に契約するのが賢い選択かもしれません。

ChatWiFiが向いているのはどんな人?

ここまで読んでもらえれば、Chat WiFiついての知識はかなりのものになっていますが、情報量が多すぎて頭の中がまとまっていない人もいるかと思います。最後に、Chat WiFiがどのような人に適しているのかについてご紹介しておきます。

Chat WiFiがオススメなのはこんな人

  • スマホで頻繁にギガ不足を起こしている
  • 国内旅行や仕事などで外出していることが多い
  • デジタル機器の設定が苦手
  • 転勤が多く家に光回線を引きたくない

これらに該当するのであれば、Chat WiFiを契約することで満足できるはずです。手軽に大容量のデータ通信ができますし、月額使用料もそれほど高くありません。しかも端末のバッテリーは長持ちですので不満点はほとんどありません。

ただパソコン作業を頻繁に行う人やスマホでも100GB以上使う人は、自宅に光回線を引くほうがいいでしょう。ギガ不足を頻繁に起こし、スマホ料金が高くなっている状態を解消したい人や細かな設定をせずにモバイルWi-Fiを使いたい人は、ぜひChat WiFiを検討してみましょう。

ChatWiFiのまとめ

格安SIMサービスやレンタルWi-Fiサービスを提供する会社が増えてきて、いったいどれを選べばいいのか分かりづらい状態になっています。そんな状態で新たにサービスを開始したChat WiFiですが、口コミや評判も良いため、自宅に光回線を引くか迷っている人におすすめです。

ただし、海外での利用を想定しているのであればおすすめはしません。海外での利用はかなり割高ですので、何かあったときの保険程度に考えておきましょう。そうではなく、国内でスマホやパソコンを使うときにギガ不足を起こしやすいという人に適しています。

利用する人を選ぶサービスですので、自分の使い方に適しているかどうかという視点で検討して、デメリットを感じないようであれば、ぜひ活用してください。そのときにはクーポンを使って申し込みをすることを忘れないようにしてください。

限定クーポン:chat-r-a01
クーポンコードを使うと月額5,500円が3,580円になります。