引越し時にインターネット回線を継続か解約して新規契約か!それぞれのメリット・デメリット

引っ越しをするとき悩みのタネになるのが、インターネット回線をどうするかということですよね。現在利用している回線を継続して利用するのか、それとも解約して新規に別のサービスと契約するほうが得なのか、契約条件を見ても複雑すぎてよくわからなくなってしまいます。

ここではインターターネット回線を継続すべきなのか、それとも新規契約を行うべきなのかについて検討していきます。あなたにピッタリのインターネット回線の選び方を確認してください。

インターネット回線を継続するメリット・デメリット

それではまず、インターネット回線を継続することによるメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

回線を継続するということは、現在と同じ環境をそのまま引き継げるわけですから、これまでと何も変わらず、ストレスなく同じ作業をすることができます。何も変わらないというのは、思った以上のメリットです。

また、回線を継続する場合には手続きが楽ですし、比較検討をする必要もありません。引っ越しをするときには時間に余裕がありませんので、何も考えないで継続手続きをするだけで済むことに、大きなメリットを感じる人もいるかもしれません。

デメリット

集合住宅から戸建てに引っ越した場合は、継続利用することでインターネット回線の使用料が高くなります。何も考えずに継続すると高額な利用料金を請求されることもあります。インターネット回線を継続することで、このようなデメリットがあることも頭に入れておきましょう。

継続すれば環境を引き継ぐことができるため、ストレスがないとお伝えしましたが、一方で時代の流れについていけなくなる可能性があります。すでにインターネット回線が1Gbpsの時代になっていますが、既存のインターネット回線にこだわっていると遅い回線を使い続けることになります。

インターネット回線を一旦解約して新規契約するメリット・デメリット

継続するケースでは、メリットもデメリットもそれほど大きくないとお伝えしましたが、新規契約をする場合にはどうでしょう?ここでは既存の回線を解約して、新規契約する場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

インターネット回線を解約して新規契約する場合には、回線の使用料を大幅に下げることができたり、PCやタブレットを格安で購入できたりと、様々なお得なキャンペーンを利用できるというメリットがあります。

価格.comの限定キャンペーンを利用すれば、現金のキャッシュバックを受けられることもあり、実質的に数万円の割引きを受けられます。携帯電話がスマホの場合は、インターネット回線とスマホの回線を揃えることで、長期的な割引きを受けられます。これについては、後ほど詳しくご紹介します。

デメリット

新規契約をするデメリットは、プロバイダのメールアドレスが変わるということです。これまで使用していたプロバイダのメールアドレスから新しいプロバイダのメールアドレスに変わるため、ネット関連で登録している情報をすべて変更する必要があります。

引っ越しはただでさえ煩わしい作業が多い中で、さらにメールアドレスの変更まで行おうとすると想像以上に時間がかかってしまい、引っ越し準備や後片付けがまったく進まなくなってしまいます。

お得なのはインターネット回線を一旦解約して新規契約

継続と新規契約のメリットとデメリットを考えたときに、お得なのは間違いなくキャッシュバックキャンペーンなどのある新規契約です。

メールアドレスの変更も、プロバイダによっては数百円のプランに変更しメールを継続して利用できるサービスがありますので、そのサービスを利用することでメールアドレスの登録変更という煩わしい作業から開放されます。

引っ越しのタイミングはインターネット回線の再検討に最も適したタイミングです。以前のメールアドレスを維持し続けることができ、そのうえ利用料金が下がるのであれば、インターネット回線の乗り換えを検討しない理由はどこにもありません。

引っ越しをする場合には継続ではなく、格安で快適なインターネット回線に乗り換える前提で検討しましょう。

インターネットの解約方法

インターネット回線を乗り換える場合には、まずは既存のインターネット回線を解約しなくてはいけません。解約する方法はどのインターネット回線も基本的に電話での対応になります。契約書類などに解約のための電話番号が記載されていますので、そこに電話をして解約手続きを行ってください。

電話番号が分からない場合には「インターネット回線名 解約」とインターネット検索すれば、解約の流れと電話番号を調べることができます。

プロバイダも解約する場合は、インターネット回線の解約の電話をした後に、プロバイダにも連絡してください。プロバイダの場合は電話での解約の他に、ウェブサイトからの解約にも対応しています。

ウェブサイトからの解約が楽そうですが、入力項目などわかりにくい点もあります。インターネットに詳しくない人は、電話による解約が手間もかからずオススメです。

インターネット回線は1ヶ月前に連絡する

インターネット回線の解約の連絡は解約の1ヶ月前ぐらいに始めるようにしてください。多くの回線が日割り計算での精算が可能で、解約日を指定できますので、引っ越し日が確定した段階で「◯月◯日に引っ越すので解約したい」と伝えて下さい。

ギリギリでも対応してもらえることもありますが、引っ越し日が近くなるにつれて忙しくなり、解約の電話をする時間がなくなります。そのうえインターネット回線のカスタマーサービスセンターは電話が繋がりにくく、何度も電話することになります。

そうならないためにも、1ヶ月前から遅くとも10日前までにインターネット回線とプロバイダの解約連絡を行うようにしてください。

インターネット回線はどこがおすすめ?

新規で契約するときにオススメなのがやはりフレッツ光です。

今は様々なインターネット回線サービスがあるのですが、やはり安心して使える回線はNTTのフレッツ光です。回線速度に関しては光回線であればどこでもそれほど変わりませんが、なにかトラブルが発生したときの復旧の早さなど、大手ならではの安心感があります。

ひかり電話やフレッツテレビなどのオプションあり、インターネット回線以外の便利でお得なサービスを受けられるのもフレッツ光の魅力のひとつです。またフレッツ光は新規契約時のキャンペーンも豊富で、契約によっては高額なキャッシュバックを受けられる特典もあります。

引っ越しでの新規契約は、このキャッシュバックキャンペーンを受けられるチャンスですので、引っ越しのタイミングで光フレッツへの乗り換えがオススメです。

フレッツ光ネクストをおすすめする理由

これまでADSL回線を利用していた人は、引っ越しのタイミングで光回線への切替をしましょう。ADSLのほうが安いから光回線にはしたくないという人もいますが、すでに「フレッツ光」の提供エリアではADSLは新規の申し込みをしていませんし、2023年にはサービス提供が終了します。

この時点でADSLを利用する理由はどこにもありません。むしろ、1Gbpsの高速回線を利用できるフレッツ光ネクストでの契約をオススメします。

従来のフレッツ光は100Mbpsと、それでもストレスのない高速通信ができていましたが、最近は4K動画なども増えていますので、快適に高画質な動画を楽しむとなると、10倍速いフレッツ光ネクストしか選択肢はありません。

金額面でもフレッツ光ネクストは定額制で、従来の光回線は2段階定額プランが採用されているため、大容量のデータをやり取りした場合には、フレッツ光ネクストのほうが安くなるケースもあります。安くて快適な回線を利用できるなら、あえて100Mbpsを選ぶ理由はありませんよね。

フレッツ光への開通にはおよそ3週間かかりますので、既存のインターネット回線の解約連絡をするときに、合わせて新規の申し込みを行っておきましょう。

フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
回線速度:1Gbps
月額料金:5,100円〜
初期費用:18,800円

フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
回線速度:1Gbps
月額料金:3,450円〜
初期費用:15,800円

フレッツ 光ライト
回線速度:100Mbps
月額料金:3,200〜6,900円
初期費用:18,800円

フレッツ 光ライト(マンションタイプ)
回線速度:100Mbps
月額料金:2,400〜5,150円
初期費用:15,800円

既存のインターネット回線がフレッツ光ならスマホと揃える

もし既存のインターネット回線がフレッツ光なら、解約して新規にフレッツ光と契約するというのも可能ですが、条件が複雑でメリットがあまりありません。このため、フレッツ光を利用していたという場合には、スマホキャリアの提供しているインターネット回線に乗り換えましょう。

NTT docomo:ドコモ光
au:eo光・コミュファ光・Pikara・auひかり・auひかり ちゅら
SoftBank:NURO光・SoftBank光

これらの組み合わせで新規契約をすれば、毎月スマホ1台につき500〜2000円の割引を受けることができます。例えばドコモの携帯電話で、家族3人がギガホプランを利用していたとします。この場合、毎月3,000円(1人1,000円)の割引を受けられます。

マンションタイプのドコモ光は2年契約で4,000円/月ですので、実質1,000円で光回線を使えることになります。既存のインターネット回線に5,000円近く払っていたなら、年間で48,000円も安くなります。さらに申込みサイトによってはキャッシュバックも受けられます。

「フレッツ光からの乗り換えはスマホ割を受けられる回線を選ぶ」と覚えておきましょう。

まとめ

引っ越しはインターネット回線の見直しに最適なタイミングです。結果的に継続するほうがいい場合もありますが、面倒だからとそのままにしておくのではなく、どちらにしても手続きは必要になりますので、新規契約前提で乗り換えを検討しましょう。

オススメのインターネット回線は、最大手であるフレッツ光です。これからインターネットでの高画質な動画の配信も始まりますので、これから加入するのであれば1Gbpsの超高速通信が可能なフレッツ光ネクストを選び、新居でも快適なインターネットライフを楽しみましょう。

また、既存のインターネット回線がフレッツ光なら、年間で数万円の節約になりますので、現在使っているスマホの割引を受けられる回線を利用しましょう。