医療脱毛のメリット・デメリット!光脱毛とレーザー脱毛おすすめはどっち?

医療脱毛

あなたは、一生でムダ毛処理にどれだけかかっていると思いますか?

美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」が、関東・関西の20代~60代女性約800名に調査をしたところ、1回のムダ毛処理で平均10.38分という結果が出ています。

1回平均10.38分と聞くと短時間のように思えますが、一生に換算するとムダ毛処理に費やす時間は約611時間(25日間)ということになるのです。

出典:PR TIMES

ムダ毛処理はめんどうだし、後から剃り残しを見つけて落胆することもしばしば・・・。そんな事にかなりの時間を費やしているなんて驚きではないでしょうか。

永久脱毛できる医療脱毛は、そんなめんどうな時間をなくし時間を有効活用できるのでとても魅力的ですが、費用が高くて、結局自分で処理しているという方が多いはずです。

そこで、ここでは医療脱毛とエステ脱毛の違いやメリットとデメリットについてお話していきます。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

レーザー脱毛と光脱毛
脱毛というとエステサロンをイメージするかもしれませんが、実は医療機関のみ「永久脱毛」が認められており、エステサロンが行っているのは「脱毛」ではなく「減毛」です。

医療脱毛は毛母細胞を破壊する

医療脱毛の場合は、一般的にはレーザー脱毛と呼ばれる脱毛方法で、毛根周辺に強いレーザーを照射し、毛を作り出す毛母(もうぼ)細胞を破壊します。

毛母細胞がなくなった毛穴からは毛が生えてこなくなるため、永久脱毛できるというわけです。

そして、施術を行うのは国家資格を持った医師や看護師が行うため、医療脱毛は医療行為だということも覚えておきましょう。

エステ脱毛は毛母細胞を完全には破壊できない

エステサロンではレーザー機器の使用が認められていませんので、照射出力が小さく毛母細胞が完全に破壊されることがありません。

そのため、エステサロンで脱毛してもいずれ毛が生えてくる可能性があるのです。

どちらに通うのが正解というのはありませんが、永久脱毛を希望するのであれば、医療脱毛しか選択肢がないということも覚えておいてください。

医療脱毛のメリット

それでは、医療脱毛にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

医療脱毛のメリット

  • 高い脱毛効果を得られる
  • 肌トラブルが起きたときに薬を処方してもらえる
  • しつこい勧誘をされることがない
  • 完了までの回数が5~6回と短い
  • 国が認可した医療機器で脱毛できる

すでに簡単にお伝えした内容も含まれていますが、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

高い脱毛効果を得られる

繰り返しになってしまいますが、医療脱毛では高出力のレーザーを使って確実に毛母細胞を破壊するため、毛穴から新しく毛が生えてくることがありません。

さらに、レーザーを使って毛母細胞周辺だけに照射するので、カミソリやワックス脱毛のように肌を傷つけることもありません。

肌への負担がゼロというわけではありませんが、カミソリやワックスなどの脱毛方法と比べてリスクは格段に下がります。

さらに、毛が生えてくることがないので、ワックス脱毛でよくある埋没毛になることもありません。

このため、レーザー脱毛が完了したときには、肌の状態も良く仕上がりもキレイだというメリットもあります。

肌トラブルが起きたときに薬を処方してもらえる

医療脱毛は肌に優しい脱毛方法ですが、どんな脱毛方法でも肌に負荷をかけていることには変わらないので、脱毛した後に肌トラブルが発生することがあります。

しかし、エステとは違い、医療脱毛では医師の診察を受けたり、薬を処方してもらえるため、迅速な対応を受けることができます。

エステ脱毛の場合には、医者が診察できるわけではないので、医学的な知見のない人が対応せざるを得ません。

治療行為が認められていませんので、エステ脱毛で肌トラブルが発生したら自分で病院に行く必要があります。

脱毛には肌トラブルが付きもので、どんな人でも多少のリスクを抱えることになります。そう考えるとトラブル発生時に迅速かつ正確な対応をしてくれる医療機関で施術できるというのは、とても大きなメリットになります。

しつこい勧誘をされることがない

医療脱毛の場合、提案をしてもらえることはあっても勧誘してくるようなことはないので、病院に通って治療してもらうのと同じ感覚で通院できます。

エステサロンで脱毛をした場合には「友だちを紹介して欲しい」、「痩身(そうしん)エステも受けてみませんか」などといった勧誘を受けることがたびたびあります。

エステサロンによっては、しつこいくらいの勧誘があり、脱毛に通うのが憂鬱になることも・・・。

完了までの回数が5~6回と短い

医療脱毛は、人によって施術間隔が違いますが、施術回数5~6回が完了するまでに1~2年かかります。

これを長いと感じるか、短いと感じるかは人によって違うかもしれませんが、エステ脱毛の場合には単純にこの倍の時間がを要するのです。

さらに、エステ脱毛では20回も施術してもまだ毛が生えてくるという人もおり、終わりが見えにくいというデメリットを抱えています。

しかし、医療脱毛もエステ脱毛も「来週水着になるので脱毛したい」というときには適しておらず、そういう場合にはブラジリアンワックスなどを使って、生えている毛を引き抜くしかありません。

すぐにでも脱毛をしたいという方にはブラジリアンワックスが良いでしょう。詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

ブラジリアンワックスブラジリアンワックスとは?その効果とメリット・デメリット

国が認可した医療機器で脱毛できる

医療脱毛で使うレーザー機器は国から認可を受けた安全性が確認されている医療機器で、正しい知識を持った医師や看護師が操作しますので、安心して施術してもらえます。

もちろん、エステサロンの機器も実績があるものが選ばれていますが、認可されていない機器を医師や看護師ではない人が操作している点に不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

医療脱毛のデメリット

安全性が高く、永久脱毛できる医療脱毛ですが、下記のようなデメリットもあります。

医療脱毛のデメリット

  • 脱毛にかかる費用が高い
  • 脱毛に痛みがともなう
  • アクセスが不便なところに多い
  • 白髪や産毛の脱毛には適していない
  • 脱毛直後に肌が敏感になる

デメリットについても、メリットと同様に詳細を解説していきます。

脱毛にかかる費用が高い

医療脱毛は医療機関で施術するので、保険が適用されるのではないかと期待している人もいるのではないでしょうか?

残念ながら医療脱毛は保険の対象外で、1回あたりの施術費用としてはエステ脱毛の1.5倍くらいの費用が必要になります。

医療脱毛の料金相場

部位金額
ワキ脱毛2万~4万円
VIO脱毛10万〜17万円
全身脱毛45万〜105万円

費用相場に幅があるのは医療機関ごとに金額設定が違うというのもありますが、人によって施術回数が異なるためです。

5回程度で完了するのが一般的ですが、人によっては10回近くかかることもあり、その場合には高額な費用になってしまいます。

また、最近は医療脱毛も価格競争があり、以前よりはリーズナブルな価格で行えるようになりましたが、それでも決して安くはありません。

ただし、永久脱毛なので施術が完了すればそれ以降は施術がいらなくなります。人によってはトータル費用をエステ脱毛よりも抑えられることもあります。

脱毛に痛みがともなう

いくらダメージが小さい医療脱毛でも、細胞を破壊するわけですから施術中に痛みが発生します。

実際に脱毛した人から「かなり痛い」と聞いたことのある人も多いかもしれません。

ただ、人によっては痛みをほとんど感じないこともありますし、施術の部位によっても変わります。

痛みに弱いという自覚のある人は、自費にはなりますが施術前に麻酔クリームや笑気麻酔を試しても良いでしょう。

アクセスが不便なところに多い

エステサロンは大きな駅のある街ならどこにでもありますが、医療脱毛のできる医療機関となると、必ずしも自分の行動範囲にあるとは限りません。

むしろ、信頼できる医療機関を選ぶとなると、遠くまで通わなくてはいけなくなることもあります。

とはいえ、個人差はありますが5~6回通えば完了しますので、多少不便であってもキレイになるためには頑張れそうですよね。

白髪や産毛の脱毛には適していない

白髪は脱毛効果が少ない
これは、エステ脱毛にも当てはまるのですが、どんな毛でも永久脱毛できるわけではありません。

レーザー脱毛では毛の黒いメラニンに反応して熱を発生させるため、メラニンの少ないうぶ毛や白髪は毛母細胞を破壊することができずに、そのまま残ってしまいます。

最新のレーザー脱毛機器の中には、産毛や白髪も脱毛できるものがありますが、全ての医療機関に備わっているわけではありません。

このため、うぶ毛が多い箇所を脱毛したい、または白髪が目立つという場合には、医療機関選びがとても重要になります。

うぶ毛や白髪にはSHR脱毛を!

ダイオードレーザー(SHR方式)搭載の脱毛器は、メラニンではなく毛根を包んでいる毛包全体がターゲットになるため、うぶ毛や白髪にも効果が期待できます。
白髪や産毛に効果のある脱毛SHR

脱毛直後に肌が敏感になる

医療脱毛でできる永久脱毛は、これまであった毛がなくなるわけですから、肌が一段とデリケートな状態になってしまいます。

このため、脱毛直後は日焼けや乾燥に注意しなくてはいけません。日々、日焼け止めや保湿をしっかりとして肌を守ってあげましょう。

また、施術当日の飲酒・激しい運動・湯舟は肌に赤みが出ることもありますので、控える必要があります。

医療脱毛とエステ脱毛はどっちがおすすめ?

ここまでの説明で医療脱毛についてのメリットやデメリットをしっかりと把握できたかと思います。

とはいえ、まだ利便性の高いエステ脱毛と迷っている人も多いかと思います。そこで、ここでは医療脱毛とエステ脱毛のどちらがオススメなのかについて説明します。

確実な永久脱毛をしたいなら医療脱毛

永久脱毛を考えているなら、毛母細胞を破壊し確実に永久脱毛できる医療脱毛しかありません。

エステサロンでも永久脱毛に近い状態にまで持っていける人もいますが、個人差が大きいためやってみないと分からないという不確実性があります。

完全に脱毛できないことも考えられるエステ脱毛よりは、確実性のある医療脱毛をおすすめします。

分割払いができるかも確認しましょう

医療脱毛でも分割払いの対応をしてくれる医療機関がありますので、一括で払えないという人はそのような施設を選んで利用しましょう。

美容トータルで考えるならエステ脱毛

脱毛だけに焦点を当てた場合には、永久脱毛できる医療脱毛に軍配が上がりますが、エステサロンの場合はできることが脱毛だけではありません。

フェイシャルエステやボディシェイプなど体全体の美容についてケアしてもらえます。

これらの美容ケアは1回で済むものではなく、継続して通い続けるものですので、そのケアのひとつとして脱毛を考えているのであれば、エステサロンを利用することがベストです。

エステ脱毛に興味のある方は、こちらも是非参考にしてみて下さい。

光脱毛脱毛サロンに通うメリット・デメリットと光脱毛の効果や金額

脱毛のみを希望するか美容全般を希望するかによって異なる

このように、何を求めるかによって医療脱毛とエステ脱毛のどちらが適しているかは違ってきます。

とはいえ、片方しか利用してはいけないわけではありませんので、永久脱毛と美容の両方に興味のある方は、脱毛はクリニックで行い、美容はエステサロンで行うといったような使い分けもできます。

ご自身がどこまでのレベルの脱毛を望んでいるかをよく考えて、自分に適した方法を選びましょう。

つい触ってしまう艶やか素肌を目指して

ムダ毛処理には色々な方法がありますが、永久脱毛できるのは医療機関による医療脱毛だけです。

さらに、万が一の肌トラブルが起きても迅速な対応を取ってくれますので、とても安心できるのではないでしょうか。

エステサロンでの脱毛は、比較的痛みも弱く料金も抑えられますが、永久脱毛ではないですし医療脱毛よりも長期的な施術を要します。

永久脱毛をしたら、めんどうなムダ毛処理の時間もなくなり、剃り残しを気にすることもなく、肌がチクチクすることもありません。

あなたも確実に永久脱毛をして、いつまでも触りたくなるスベスベの美しい肌を保ってみませんか。