家庭用脱毛機のメリット・デメリット!効果はいつから現れるのか?VIO脱毛には適してる?

男女問わず、ムダ毛の処理はとても悩ましい問題ですよね。

できれば永久脱毛をしたいけど、全身脱毛をする場合には、100万円近い費用がかかることもあります。

そこで、もっと手軽に脱毛したいという方に人気なのが、家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器はネットでも5万円ほどで購入できます。

しかし、本当に効果があるのかどうか心配ではないでしょうか。

そこで、ここでは家庭用脱毛器のメリットとデメリット、そして家庭用脱毛機を使用するにあたり、どのような点に注意すべきなのかを説明します。

家庭用脱毛器でできること

それではまず、家庭用脱毛器でどこまで脱毛できるのかという点について説明していきます。

家庭用脱毛器の基本的な原理や、よくある勘違いなどについてお伝えしますので、しっかりと確認しておきましょう。

家庭用脱毛器はどこまで脱毛できる?

家庭用脱毛は、基本的に腕や足、ワキなど全身の脱毛ができるようになっていますが、中には顔やVIOの脱毛が出来ない機種もあります。

顔やVIOも含めて全身の脱毛を自宅でしたいという場合は、使用可能部位をチェックしましょう。

また、あまりに安い脱毛器だと光が弱すぎて脱毛効果がなかなか見られない場合もあります。

そもそも、家庭用脱毛器は、素人でも扱えるように安全性を考慮されているため、医療脱毛やエステ脱毛よりもパワーの少ない光しか出せないようになっています。

脱毛器の照射パワー比較
医療脱毛器>エステ光脱毛器>家庭用脱毛器
脱毛効果は光の強さにあるので、脱毛効果が最も高いのも医療脱毛と言えます。

家庭用脱毛器も、クリニックなどの医療機関で行う医療脱毛やエステサロンなどで行う光脱毛と、基本原理は同じで「毛母細胞にダメージを与える」ことで発毛を抑制します。

しかし、家庭用脱毛器は出力できる光の強さが弱いため、毛質、施術タイミングによってはほとんど効果を感じない場合があることを覚えておきましょう。

脱毛の仕組みや、医療脱毛とエステの光脱毛の違いを詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

医療脱毛と光脱毛の違いが分かる記事
医療脱毛医療脱毛のメリット・デメリット!光脱毛とレーザー脱毛おすすめはどっち?

家庭用脱毛器でも脱毛効果は得られる

さて、そのような光の弱い家庭用脱毛器は脱毛効果が得られるのか?と心配になる方もいるはずです。

口コミやレビューにも、「家庭用脱毛器だと毛が無くならない」「毛が薄くならない」というものを目にしますが、これには大きな誤解があります。

医療脱毛やエステ脱毛よりパワーの小さい家庭用脱毛器でも、脱毛そのものは可能です。

ただ、施術直後に毛がすべて抜け落ちるというのではなく、脱毛処理した翌日以降から2週間後くらいまで、ゆっくり時間をかけて抜け落ち、その状態が2~3週間続きます。

そして、しばらくすると毛が生えてくるわけですが、施術を重ねれば毛母細胞が弱っていくため、次に生えてくる毛が弱々しくなっていくのです。

毛周期

医療脱毛やエステ脱毛よりパワーは弱いですが、家庭用脱毛器でも長期的にはなりますが、何度も施術をすると毛母細胞を弱らせることができます。

ただし、質の悪い家庭用脱毛器だと、照射パワーがさらに弱くなるので毛母細胞にダメージを与えても、次回の施術までの間に毛母細胞が修復されることもあります。これでは何回施術しても意味がないのが分かりますよね。

その結果「効果がない」と思われがちなのです。

また、毛質や部位によっては効果が出るのに差がありますし、正しいタイミングで脱毛をしなければ意味がなくなってしまいます。

医療脱毛やエステなら、資格や経験のあるスタッフが施術をしますが、セルフの場合には脱毛に関する知識をしっかりと身につけなければならないのです。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器についての基本的な考え方を理解できたところで、次に家庭用脱毛器のメリットについて見ていきましょう。

  • 自分の好きなときに脱毛できる
  • エステサロンやクリニックよりも初期費用が安い
  • 脱毛していることを秘密にできる
  • 痛みがそれほど大きくない
  • 恥ずかしくない
それぞれのメリットについて詳しく説明していきます。

自分の好きなときに脱毛できる

家庭用脱毛器のメリットとして大きいのは、自分の好きなタイミングで脱毛できるということです。

エステサロンやクリニックのように予約する必要もなく、移動するための時間も不要です。思いついたときに、すぐに施術できるので時間を有効活用できます。

「テレビを見ながら」「音楽を聴きながら」と自分のリラックスできる環境で施術できるというのも、他の脱毛方法にはないメリットになります。

エステサロンやクリニックよりも初期費用が安い

エステサロンやクリニックだとVIO脱毛だけでも15万円前後かかるところが、家庭用脱毛器なら4、5万円で入手できます。

ただし、脱毛器の発光ランプには寿命があるので、消耗品でもあることも知っておきましょう。

カートリッジ式の家庭用脱毛器なら、カートリッジを交換すれば使い続けることができますが、カートリッジのないタイプの家庭用脱毛器は、発光ランプが寿命となると本体ごと買い替える必要があります。

本体価格が高くても、カートリッジ式なら長く使うことができ、ランニングコストも抑えることができます。

どちらがお得なのかは使用頻度によっても違ってきますが、脱毛を継続して行うならカートリッジ式のほうがおすすめです。

脱毛していることを秘密にできる

家庭用脱毛器ならエステサロンやクリニックに通う必要がなく、自宅で誰にも見られることなく脱毛できます。

エステサロンは駅前に多く、とても利便性がいいというメリットがありますが、通っているのを見られたくない知り合いもいるのではないでしょうか。

美しさを手に入れるために努力をしているところを、誰にも知られたくないという人も多いかと思いますが、家庭用脱毛器なら知られるリスクがないため、安心して脱毛できます。

痛みがそれほど大きくない

脱毛はどうしても痛みがともないます。効果の大きいものほど痛みが大きくなる傾向にあるため、出力が大きい医療脱毛の場合には麻酔が必要になることもあります。

それに比べ、家庭用脱毛器の場合には出力がかなり小さいので、痛みがあっても気にならない程度でしかありません。

もちろん脱毛器の種類にもよりますが、痛くて耐えられないということがないため、痛いのが苦手という人でも気軽に使えるというメリットがあります。

痛みが弱い分、それだけ効果が薄いということでもありますが、痛みが少ないなら脱毛するのに憂鬱になることもありません。

恥ずかしくない

自分で脱毛をするわけですから、家庭用脱毛器ならエステサロンやクリニックのようにデリケートゾーンを担当者に見られることがありません。

クリニックやエステでは紙パンツをズラして施術をしますが、いくら専門家が担当するとはいえ、やはり見られるのは恥ずかしいという人も多いかと思います。

リラックスできる自宅でセルフ脱毛できるなら恥ずかしい思いをしなくても済む部分にメリットを感じて家庭用脱毛器を購入している方も多いでしょう。

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器の特徴やメリットを読むと、すぐにでも購入したくなるかもしれません。

しかし、購入する前にデメリットもきちんと把握しておきましょう。

  • 効果を実感できないものも多い
  • 種類が多くてどれを選んでいいのか分からない
  • 肌トラブルの原因になる
  • 手が届かないところは脱毛できない
  • 思ったよりも費用がかかる

いずれのデメリットも、実際に購入した人たちの口コミでよく見かけるものばかりですが、それぞれのデメリットについても、しっかりとチェックしておきましょう。

効果を実感できないものも多い

すでにお伝えしましたように、家庭用脱毛器はエステサロンの脱毛器よりも出力が弱く、毛母細胞に大きなダメージを与えることができません。

そのため、特に安すぎるものは効果がない可能性がありますので、気を付けて下さい。

また、毛の周期や濃さ、太さに個人差があるので、脱毛効果を感じられる人も、まったく効果を実感できないというケースもあります。

これが家庭用脱毛器の難しいところで、他の人からの情報はまったく当てになりません。

他の人に効果があっても、自分に効果があるか分かりませんので、結果的に無駄な買い物になってしまう可能性があります。

種類が多くてどれを選んでいいのか分からない

Amazonで「家庭用脱毛器」で検索してみると検索件数だけで6,000件以上あり、脱毛器に関する知識がないとどれを選んだらいいのか悩んでしまうでしょう。

数百件の評価があって、そのすべてが星5つというものまでありますが、すべての人に共通して効果のある家庭用脱毛器はありません。

そのため、自分に適した家庭用脱毛器を見つけることがかなり難しく、まったく効果のない商品を買ってしまう可能性もあります。

口コミや評価は良いものも悪いものも見ること

口コミを信用してはいけないということではなく、良い評価だけでなく悪い評価もしっかり見て、納得したうえで購入するようにしましょう。

肌トラブルの原因になる

家庭用脱毛器は出力が弱いので、肌トラブルが起こりにくいという特徴がありますが、操作ミスなどで肌を傷めてしまうというリスクがあります。

基本的には取扱説明書に従えば問題ありませんが、素人が細胞にダメージを与える機器を操作するのですから、完全に自己責任になってしまうということを頭に入れておきましょう。

肌トラブルが心配なら医療脱毛やエステ脱毛が良い

クリニックなどの医療機関で脱毛をしてもらえば、肌トラブルが起きたときにすぐに処置してもらえます。
また、エステサロンの施術者は研修を受けており、経験も豊富なので安心して任せることができます。

手が届かないところは脱毛できない

背中の脱毛

家庭用脱毛器で困るのは、手が届かない場所の脱毛ができない、または手は届いても見えない部分は処理をし忘れることがあります。

体が柔らかい人なら、鏡を上手く使って脱毛できますが、体が硬い人はどうやっても手が届かない部分が出てきます。例えば背中の脱毛などは、家族や恋人に手伝ってもらう必要があるでしょう。

専門家が施術するのと同じレベルに仕上げるのは難しく、見えない部分や手が届かない部分は、雑な仕上がりになりやすいということも覚えておきましょう。

思ったよりも費用がかかる

家庭用脱毛器は初期費用が安いとお伝えしましたが、脱毛器のパワーや毛質によっては終わりのない脱毛になるため、カートリッジや本体の買い替えを繰り返すことになります。

早い段階で永久脱毛に近い状態にもっていければ費用を抑えることもできますが、それでも3~4年はかかります。

その間の替えカートリッジまたは本体買い替えなどのランニングコストを考えると、エステサロンやクリニックで脱毛してもらったほうが安くなることも十分に考えられます。

家庭用脱毛器での脱毛は、カミソリでのカットと同じように終わりがないものだと考えて、そのうえでコスト比較を行うようにしましょう。

部位別で用途を分けるのはいかがですか?

例えば、自分で手の届かない(見えにくい)背中やうなじ、デリケートな顔の脱毛を医療脱毛かエステ脱毛にして、ワキ・腕・足などは家庭用脱毛器で脱毛すると費用を抑えつつ仕上がりが綺麗になります。

おすすめの家庭用脱毛器3選

それでは、数ある脱毛器の中からオススメの機種を紹介しましょう。

ヤーマン レイボーテーRフラッシュ

エステで使われる光脱毛と同じ高速連射フラッシュで脱毛が出来るので、全身するのに約5分ととてもスピーディに仕上がります。
金額:48,000 円(税抜)

ブラウン シルクエキスパート

肌の色を識別し、自動で照射パワーを調整する機能がついています。そのため、安全かつ効果のある脱毛が可能。
金額:54,800円(税抜)

パナソニック 光エステ ES-CWP81

約30万回照射できるランプを使っており、寿命が長いので頻繁にカートリッジを交換する必要がありません。
金額:約58,000円

家庭用脱毛器で脱毛するときの注意点

家庭用脱毛器はセルフ脱毛ですので、トラブルがあったときも自己責任になってしまいます。

このため、使用するときにはいくつかの点に気をつけて脱毛する必要があります。ここではトラブルを回避するために、注意すべきポイントをご紹介していきます。

脱毛処理後は日焼け対策と保湿を行う

脱毛をした肌は、とても敏感になっていますので、脱毛直後から日頃のケアをしっかりとする必要があります。

脱毛前日までに気を付けること
  • 日焼け・乾燥に気を付ける
  • 電気シェーバーでムダ毛を処理しておく
脱毛当日に気を付けること
  • 湯舟や岩盤浴などは控え、シャワーにする
  • お酒は控える
  • 激しい運動は控える
  • マッサージは控える
  • 日焼け・乾燥に気を付ける
日頃気を付けること
  • 日焼け・乾燥に気を付ける

なぜ、特に脱毛直後は湯舟や運動を控えなければならないかというと、熱で毛母細胞にダメージを与えているので自分で思っているよりも細胞はダメージを受けているからです。

ただでさえダメージを与えているのに、湯舟やお酒、激しい運動などで熱を持つようなことをしてしまうと、炎症が起きて肌トラブルの元になる可能性が高いのです。

エステサロンやクリニックでは、施術後にこのような注意事項のアドバイスがありますが、家庭用脱毛器の場合は誰もそのようなことを教えてくれません。

エステやクリニックでの脱毛も、家庭用脱毛も同じですが、施術をしたら終わりというわけではなく、その後の肌ケアも継続してしっかりやっていきましょう。

毛周期を把握して施術サイクルを決める

「家庭用脱毛器は出力が弱かいから、頻繁に施術できる」と紹介しているサイトがありますが、これは間違いです。

家庭用脱毛器にしても医療脱毛やエステ脱毛にしても、毛が抜けてから生えるまでのサイクルである「毛周期」を理解して施術サイクルを決めなくてはいけません。

毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」があり、脱毛のための施術は毛母細胞と毛が繋がっている「成長期」に脱毛をする必要があります。

毛が毛母細胞から離れている退行期や毛のない休止期にレーザーや光を照射しても、毛母細胞にダメージを与えることができません。

このため、2回目以降の施術は、退行期・休止期を経て成長期になるまで待つことになります。毛周期は一般的に2ヶ月前後とされていますが、部位による違いや個人差があります。

エステサロンやクリニックなら、専門家が毛周期を見極めて最適なサイクルで施術してくれますが、セルフ脱毛では自分で判断するしかありません。

メリデメ編集部

こまめに肌をチェックして、自分の毛周期をきちんと把握して、最適なタイミングで施術しましょう。

脱毛が完了するには3年以上かかる

繰り返しになりますが、家庭用脱毛器で医療脱毛と同等の効果を感じられるようになるには、かなり長い期間がかかります。

エステサロンの脱毛でも2~3年かけて永久脱毛に近い状態にまで仕上げますが、それよりも出力が弱い家庭用脱毛器ですと3年以上はかかります。

「施術→脱毛→毛の成長」というサイクルを何度も繰り返し、人によって生えてくる毛が徐々に細く弱くなりますが、それでも3年以上かかります。毛が薄くなればいいほうで、まったく薄さが変わらず、定期的に毛が生えてくるという人もいます。

確実に永久脱毛をしたいならクリニックの医療脱毛を!

多少高い費用がかかっても、クリニックなどの医療機関で医療脱毛されることをおすすめします。

家庭用脱毛器で心にもお肌にもストレスフリーな脱毛を

手軽にできる家庭用脱毛器。人に見られる心配もなく、自分のしたいときに脱毛できる上に、カミソリやブラジリアンワックスと比べると肌への負担は軽いので、安全に脱毛できます。

また、安全を考慮して出力を低く抑えているということもあり、医療脱毛のように永久脱毛をすることはできませんが、施術後2週間前後で毛が抜け落ちてきれいな状態にはなります。

そこから継続して脱毛をすることで永久脱毛に近い状態になる人もいますが、カミソリで処理したのと同じように、ずっと同じように毛が生えてくる人もいるので、基本的には継続したお手入れが必要な脱毛方法だと考えておきましょう。

肌トラブルを起こさないように、脱毛に関する正しい知識をしっかりと身につけた上で、施術するように心掛けてください。