宅配クリーニングのメリットとデメリット!店舗型と比べてどっちが便利か

クリーニングされた服が入った段ボール

自宅で送って受け取れる宅配クリーニング。手軽さが売りで、新しいクリーニングのカタチとして多くの人が利用しています。

各業者それぞれサービスを用意したり、独自の料金プランを用意したりと、宅配クリーニング業界は目覚ましい発展を見せている業界でもあるのです。

ここではそんな宅配クリーニングの使い方や、メリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

宅配クリーニングについて詳しく知りたい人や気になっている人は、是非参考にしてみて下さい。

宅配クリーニングとは?

宅配クリーニングとは、自宅にいながら宅配で衣類をクリーニングに出せるサービスのことです。

クリーニング店に持ち込んで綺麗にしてもらうというのが一般的なクリーニング方法ですが、「衣類を何枚もクリーニング店に持ち込み、出来上がったら取りに行く」というのは、意外に労力がかかることです。

クリーニング店を行ったり来たりするのが面倒だと思い、クリーニング自体を断念する人もいるのではないでしょうか。

そんなクリーニング店に持ち込むのが面倒だと感じている人におすすめなのが、宅配クリーニング。

自宅でクリーニングに出したい衣類を送って、クリーニングが終わったら自宅に届くので、手間を省きながら衣類を綺麗にすることができるのです。

手間がかかるクリーニングをラクにしてくれるのが、この宅配クリーニングなのです。

宅配クリーニングのメリット

服を段ボールから出す女性
宅配クリーニングには、店舗型のクリーニング店にはない様々なメリットが存在します。

ここではそんな、宅配クリーニングを利用するメリットをいくつか紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

宅配クリーニングのメリット
  • 持ち運ぶ必要ナシ
  • 無料保管サービスが受けられる
  • ネットで24時間受け付けている
  • コンビニでも受け取れる
  • 料金がお得になることも

持ち運ぶ必要ナシ

宅配クリーニングの集荷
何着もクリーニングに出すとなると、クリーニング店に持ち運ぶだけで一苦労ですよね?

車があればまだ楽に運べますが、車がないと大きな袋にアイテムを何点も詰め込んで、それを担いで持ち運ばなければなりません。

特に高齢者には本当に辛く、大きな負担になってしまいます。

その点、宅配クリーニングは自宅で出してそのまま自宅に届くので、自分で持ち運ぶ必要は一切ありません。

集荷の依頼をするだけで自宅に取りに来てくれて、出来上がり次第自宅に届くので、家で待つだけでクリーニングを完結させることができるのです。

わざわざクリーニング店と自宅を行ったり来たりするのが面倒だという人に、宅配クリーニングは特におすすめです。

無料保管サービスが受けられる

リネットの保管場所
宅配クリーニングは、ただクリーニングして終わりというものではなく、その業者によって無料保管サービスを用意しているところもあります。

無料保管サービスとは、数ヶ月間保管してもらった後、クリーニングをしてから取り寄せられるというものです。

メリデメスタッフ
春に、冬用のコートやダウンジャケット類を保管してもらい、冬になったら取り寄せることができるので、衣替えがラクチン。

さらに、自宅のクローゼットがすっきりするので、あまり服を収納する場所がない人もおすすめのサービスです。

保管する環境には強いこだわりを持っている宅配クリーニング会社がほとんどで、預けた服を綺麗な状態で保管してくれると評判を集めています。

保管できる期間はその業者によって変わってきますが、半年から10ヶ月程度なら無料で保管してくれるところがほとんどです。

ネットで24時間受け付けている

スマホを持つ主婦
持ち込みのクリーニング店を利用するとなると、そのクリーニング店が営業している間しか持ち込めません。

しかし、宅配クリーニングは24時間いつでもネットで受付が出来て、集荷の時間も自分で決められるので、自分のライフスタイルに合わせて使うことができるのです。

  • 仕事でクリーニング店が営業している時間に持ち込むことが出来ない
  • 夜型の生活をしている
  • 自分の好きな時にクリーニングを依頼したい・・・等

宅配クリーニングは、こういった人たちのニーズにも応えられています。

いつでも手軽にクリーニングを依頼できるのが宅配クリーニングの良いところなのです。

コンビニや職場で受け取れる

ちょっと家を空けているうちに宅配便の人が来て、不在票が入っていた・・・なんて経験ありませんか?

宅配便を利用する時に、ちょっと不便だと感じるのが「いつ届くかわからないから自宅から動けない」という点でしょう。

しかし、宅配クリーニングはコンビニや職場でも受け取ることができるので、そのような心配がありません。

もちろん、通常の宅配便と同じように日にちや時間指定もできるので、便利に自分が好きな時間に荷物を受け取ることができます。

仕事帰りに自宅近くのコンビニに寄って荷物を受け取ることも、職場に届けてもらうこともできるので、「宅配が来るから・・・」と自宅に拘束されることはないのです。

生活スタイルを乱すことなく、クリーニングを利用することができるのは有難いですよね。

料金がお得になることも

通常のクリーニング店と違い、宅配クリーニングでは2タイプのプランを用意しています。

  • パック料金式
  • 単品料金式

クリーニングに出したいアイテム数が多い人でしたら、パック料金式を選ぶことで通常の料金よりもお得に利用することが可能です。

逆に、普段着るスーツやワイシャツなど少量をクリーニングに出したいのであれば、単品料金式が良いでしょう。

宅配クリーニングは衣類の種類によっては、店舗型よりも安くで済ませることもできます。

自分が利用しようと思っている宅配クリーニングの料金表や料金プランをしっかりチェックして、自分にぴったりな料金プランを見つけてみて下さい。

宅配クリーニングのデメリット

基本的にはメリットだらけの宅配クリーニングですが、少なからずデメリットも存在します。

このデメリットを把握せずに利用してしまうと、「結果的に近くのクリーニング店に出した方がよかった」ということになりかねません。

ここでは宅配クリーニングのデメリットをいくつか紹介するので、デメリットを把握して、宅配クリーニングを利用するかの判断をして下さい。

宅配クリーニングのデメリット
  • 受取まで時間がかかる
  • 送料がかかる
  • コミュニケーションが取れない
  • トラブル時の対応に時間がかかる
  • 段ボール箱が邪魔になる
  • 保管期間を過ぎると送料がさらにかかる

受け取りまで時間がかかる

宅配クリーニングは、その名の通り宅配を利用するものなので、どうしても時間がかかってしまいます。

通常の店舗型のクリーニング店でしたら、早いところなら「朝出して夜にはもう出来上がっている」というお店もありますが、宅配クリーニングは当日に受け取れることはほぼありません。

また、遠方に住んでいると送ってから届くまで2~3日かかることもあり、結果的に一度のクリーニングに1週間以上も要してしまうこともあります。

そこで、リネットはクリーニング依頼して2日後に届く「お急ぎ便」があります。

送料がかかる

日本地図の上に円マーク¥
その宅配クリーニングの業者によって違いはありますが、送料がかかってしまう業者も多く存在します。

北海道や沖縄、さらには離島等では送料がかなり高額になるケースもあります。

「クリーニングの料金自体は店舗型のクリーニング店より安かったけど、送料を足したら宅配クリーニングの方が高くなった・・・」なんてことがあるので、注意が必要です。

もちろん送料無料の業者もあるので、宅配クリーニングを利用する際には送料がかかるのかをしっかりチェックするようにしましょう。

コミュニケーションが取れない

クリーニングスタッフと話すのを想像する男
クリーニングをお願いするにあたり、ちょっとした要望等があると、店舗型なら店員さんと対面するので伝えやすいのですが、宅配クリーニングではシステム上どうしても伝えづらくなってしまいます。

例えば、「型崩れしないように優しくクリーニングをして欲しい」という要望を、対面なら一言言うだけで伝えられますが、宅配クリーニングでは電話やネットのメッセージで伝えられはしますが、「しっかり伝わったかな?」と多少不安に感じてしまうかもしれません。

トラブル時の対応に時間がかかる

宅配クリーニングを利用していると、そこまで頻繁というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

宅配クリーニングで起こりうるトラブル

  • 依頼したアイテムを紛失された
  • 衣類の破損があった
  • 想定以上の料金を請求された
  • 届いた服に畳みシワがあった
メリデメスタッフ
流行りのサービスなので、そこに目を付ける悪徳業者も増えているかもしれませんね。

中には、5倍以上の金額を提示されたケースもあるそうです。

宅配クリーニングの場合、店舗型とは違い、直接会って話をしに行くことが困難なため、トラブルを解決するのに時間がかかってしまうことが多いのです。

段ボール箱が邪魔になる

宅配クリーニングで使うダンボールが自宅に貯まるというのも、デメリットの一つです。

何度も宅配クリーニングを利用していると、ダンボールがかなり貯まってしまいます。

ダンボールを貯めないために、一度使ったダンボールをもう一度使えばいいのですが、何度も使っているとダンボールの耐久性が落ちてしまいます。

洋服を守るためには、常に新しいダンボールを使った方がいいでしょう。

貯まったダンボールを処分する手間がかかるというのは、意外と大きなデメリットなのかも知れません。

保管期間を過ぎると送料がさらにかかる

各宅配クリーニング会社には、それぞれ保管期間が決められています。

その期間は無料で預けられていても、期間が過ぎてしまうと有料になってしまうこともあるのです。

しかもこの保管期間というのは、半年から10ヶ月くらいと比較的長いので、「うっかり忘れていた」ということが起きやすいのです。

長いからこそ、うっかりそのまま受け取り忘れる人も多いみたいです。

受け取り忘れてしまうと料金がプラスされてしまうので、保管期間までにしっかり受け取るようにしましょう。

宅配クリーニングの使い方

その宅配クリーニングの会社によって利用方法は変わってきますが、「送って届く」という基本的な部分はどの宅配クリーニング会社も同じです。

STEP.1
会員登録をする
無料会員登録と有料会員登録があり、集荷場所や連絡先などを登録します。
STEP.2
クリーニング申し込みをする
利用プランや集荷日の設定をしましょう。
集荷も日付を指定できるので、ご自身の都合に合わせることが出来ます。
STEP.3
洋服を業者に渡す
専用の段ボールやバッグへ洋服を入れ、集荷に来た業者に渡します。
STEP.4
クリーニングされた洋服が届く
洋服の枚数にもよりますが、約1~2週間後にはキレイになった洋服が自宅に届きます

これが宅配クリーニングの一般的な利用方法です。複雑な利用方法ではないので、誰でも手軽に利用できるでしょう。

荷物を送ったり受け取ったりするのは、コンビニや自分が勤めている会社を指定することも可能です。

メリデメスタッフ
生活サイクルに合わせて送ったり受け取ったりできるのが、宅配クリーニングのポイントでしょう。

宅配クリーニングの料金形態

こちらもその宅配クリーニングの会社によって違いはありますが、「1着ごとの料金」と「パック料金」に分けられているのが一般的です。

単品の料金

「シャツなら1着〇〇円で、コートなら1着××円」といったように、種類ごとに1着の値段が決まっているので、クリーニングに出す点数が少ない人におすすめの料金形態です。

パック料金

「アイテム10点で〇〇円」というように、種類を問わず数点の衣類をセット価格で受け付けてくれる料金形態。クリーニングに出したいアイテムが多い人におすすめです。

他にも、このクリーニング代金以外に、保管費用も含まれたセット価格等を用意している宅配クリーニング会社もあります。

自分の生活スタイルに合わせて、便利な料金プランを選んでみて下さい。

トラブルを避けるために大事なこと

小さな穴の空いたスーツ
宅配クリーニングの業者が増えるに連れて、トラブルも増え続けています。

最も多いのは、クリーニングに出したアイテムの破損や損傷に関するトラブルです。

こんな破損がある

  • ジャケットに穴が開いて返ってきた
  • シャツのボタンがなくなっていた
  • サイズがとても小さくなっていた
  • 取れないシワがついていた

もちろん頻繁ではありませんが、宅配に限らずクリーニングを利用していると破損が起こる可能性は0ではありません。

破損や損傷についての保証を用意している業者もありますが、必ずしもどんな時にも保証を受けられるというわけではありません。

ここでは、そんな破損にまつわるトラブルに巻き込まれないために必要なことをいくつか紹介していきたいと思います。

クリーニングに出す前に写真に撮る

洋服の写真を撮る人
保証を受ける際に「宅配を出す前には通常の状態だった」という証拠を求められるケースもあるのです。

証拠を出せないと、保証が受けられないということになりかねません。

そのために、宅配クリーニングに出す前に洋服の状態を写真に撮って証拠として残しておくことが重要になってきます。

この写真を証拠として提出することで、満足する保証を受けることができるのです。

全てのアイテムを写真に撮るのは面倒だと感じる人は、大事なアイテムや高額なアイテムだけを宅配クリーニングに出す前に、隅々まで写真に残しておくのがいいでしょう。

自宅に届いたらすぐに仕上がりをチェックする

洋服を広げてチェックする女性
宅配クリーニングには保証制度を用意している業者がほとんどですが、保証期間を過ぎると保証を受けられなくなってしまいます。

そのため、自宅にクリーニングをしたアイテムが届いたら、すぐに中身をチェックするようにしましょう。

届いてすぐにアイテムを隅々までチェックし、破損や損傷を見つけたらすぐにその業者へ連絡することで、適切な保証を受けられるのです。

届いて1ヶ月くらいしてから中身をチェックし、そこで破損や損傷を見つけたとしても「もう期間外で保証を受けられなかった」という事態になりかねません。

保証は時間との勝負です。届いたらすぐに開け、破損や損傷を見つけたらすぐに連絡をするようにして下さい。

店舗型クリーニングが向いている人

  • 急いでクリーニングを受け取りたい人
  • クリーニングに出すアイテム数が少ない人
  • 車を持っていて手軽に店舗へ運べる人
  • 店員とコミュニケーションを取りながらクリーニングの依頼をしたい人
  • 離島や遠方に住んでいて送料が高額になってしまう人

これらの人は宅配クリーニングではなく、店舗型のクリーニング店の利用をおすすめします。

また、宅配クリーニングは、クリーニングに出すアイテム数が多ければ多いほど、お得に利用できるものです。

点数が多ければ、例え送料を負担したとしても実店舗よりも安くクリーニングを利用できることもあります。

逆に、1点だけしかないのに宅配クリーニングを利用してしまうと、送料がプラスされて結果的に高く付いてしまうこともあるのです。

クリーニングに出すアイテム数が少ない人も店舗型のクリーニング店が向いていると言えるでしょう。

宅配クリーニングが向いている人

  • クリーニングに出すアイテム数が多い人
  • 日中は仕事でクリーニング店に行けない人
  • 自分の好きな時間にクリーニングの依頼をしたい人
  • 送料があまりかからない地域に住んでいる人

繰り返しになってしまいますが、宅配クリーニングは24時間受付ができて、宅配業者だけでなくコンビニでも送る・受け取るができます。

そのため、24時間いつでも自分の好きな時間にサービスを利用することができるということなのです。

メリデメスタッフ
お仕事の都合上、どうしても不規則な生活サイクルになってしまう人には宅配クリーニングはとっておきのサービスと言えるでしょう。

ライフスタイルに合わせて宅配と店舗を臨機応変に使い分けよう

宅配クリーニングは、店舗型のクリーニング店にはないメリットが存在します。

しかし、全ての面で上回っているというわけではありません。店舗型のクリーニング店には、宅配クリーニングにはない使いやすさやサービスもあったりするので、生活サイクルや自身の環境によって使い分けるのもいい方法でしょう。

また、クリーニングに出したいアイテムの点数や種類によってもどちらを選べばいいのかというのは違ってきます。

今一度、どちらが適しているのかをしっかりとチェックし、宅配クリーニングか店舗型のクリーニング店が良いのかを考えてみて、実際に利用してみて下さい。