脇毛の薄い人と濃い人の違いやワキガとの関連性

「脇毛が原因のトラブルとはなにか?」あなたのワキを見てください。生えていますか?生えていませんか?脱毛をしている人なら、もちろん生えていないでしょう。生えている人は、濃いですか?薄いですか?

脇毛の薄さや濃さに、深刻な原因が隠れている場合があることを。脇毛がワキガの原因になることもあります。

脇毛が濃い原因

遺伝や薬の副作用による影響

脇毛は濃い人と薄い人がいます。どうしてみんな同じではないのでしょう?

原因は複数あると言われています。ホルモンや遺伝。ストレスなどなど。遺伝などは、実感として納得できる人も多いのではないでしょうか。

例えば、あなたのご両親やおじいちゃんおばあちゃんなどが毛深いとします。そうすると、あなたも体毛が濃くなる可能性が高くなるのです。おじいちゃんおばあちゃんだけが濃い場合、隔世遺伝が考えられるでしょう。

中には薬の副作用が関連して体毛が濃くなるケースも。知られているのはステロイド剤の副作用です。アトピー性皮膚炎を患っている人で、治療にステロイド剤を使用する人がいます。このような人は、アトピーがある所だけ毛が濃かったり、太くなっているケースがあるようです。

内服薬を使用した場合、全身に影響して多毛になる場合があるとも言われています。

自己処理で濃い脇毛になることも

脇毛が濃くなる原因はさまざまです。一般的に多いのが、自分で処理した結果、濃くなるケースもあるようです。

ムダ毛の処理をする場合、毛抜きなどを使う人も多いでしょう。毛抜きは安価ですし、時間も自分の都合に合わせやすいのが魅力。カミソリも同じでしょう。

しかし肌への刺激やダメージが強いことが知られています。例えば、カミソリ負けで肌が切れたりなど。毛穴が炎症を起こすケースもあります。

ムダ毛の処理をする際の刺激。これが体毛を濃くしてしまうようなのです。処理をする対象が脇毛なら、抜いたり切ることで濃くなると言われています。これは硬毛化と呼ばれるもの。一説には、肌を守るために太く濃くすると言われています。

女性は女性ホルモンの影響で濃くなることも

女性ホルモンの影響で、体毛が濃くなるケースも多いようです。特に女性が多いでしょう。実際に、妊娠、出産後、ムダ毛が増えたという人がいるようです。

女性ホルモンの影響によって、ムダ毛も影響を受けるのですね。脇毛も影響を受けてしまいます。妊娠や出産では、どうしてもホルモンバランスが変化するのです。そのため、脇毛も濃くなると言われています。

ただ、ホルモンバランスの変化は自分でコントロールするのはむずかしいでしょう。年齢やストレスなどの影響を受けやすいもの。女性ホルモンが減少したり、男性ホルモンが増加したりなど、さまざまな影響が脇毛が濃くなる原因の1つとなっているようです。

食生活の乱れで脇毛が濃くなる

脇毛など、ムダ毛が増える原因の1つとして、食生活の乱れがあるようです。

「肉食わせろ肉ー。刺し身ー」「野菜?そんなの男が食うもんじゃねぇ!」そんなことを言っていては、脇毛も増える一方になるかもしれませんよ?肉はとても美味しい食べ物。

しかし肉には動物性たんぱく質があるんですね。それが男性ホルモンがたくさん分泌される原因にもなるようです。

肉類ばかり食べていたり、コンビニエンスストアの弁当やジャンクフードばかりでしたら、男性ホルモンがどんどん分泌されてしまう可能性が。だからといって「肉はやめる!野菜しか食わない!」というのも、少し極端ですよね。脇毛が濃くなるのを防ぎたいなら、肉だけではなく、野菜も食べて食生活の乱れを整えていきましょう。

夜更かしが原因で男性ホルモンが多く分泌

不規則な生活をしてはいけません。ついつい夜更かしをしてしまう人も多いですよね。

特に休日前ですと、休みですから仕事モードから開放されて、ついつい、ダラダラと深夜まで起きてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし男性ホルモンが活発化するのは深夜とも言われています。

こんな時間に起きていれば、男性ホルモンが通常より多く分泌されてしまうことも。

そのため、夜更かしは避けたほうがいいでしょう。きちんと睡眠をしてください。そして体を休めるのです。

そうすればホルモンの分泌を抑えられる可能性が出て来ます。ついついやってしまう夜更かし。たまにならしかたないかもしれませんが、毎日ですと、最終的に脇毛ボーボーになってしまう可能性があるので注意しましょう。

脇毛が薄い原因

脇毛が生えないことに悩む人もいます


脇毛が濃くて悩んでいる人も多いでしょう。逆に脇毛など、体毛が少なすぎて不安になっている人もいます。「どうしてこんなに薄いんだ。脇毛どころか陰毛もない。俺は異常なんだろうか?」脇毛が濃い人にとってはうらやましい話かもしれません。

脇毛が生えていなくても「問題ないだろう。運が良いじゃないか!」と思われる男性もいるでしょう。実際の所、メンズエステなどで、男性が脱毛をする光景も増えて来ましたよね。

しかし脇毛などは普通に生えるものとして世間一般では認識されていませんか?「脇毛が生えていない」と友達に告白したら「えー?まじかー」と驚かれたり、からかわれることもあるかもしれません。もともと生えているのが嫌で脱毛をするのと、最初から生えないのとでは、意識に大きな違いがあります。

脇毛が薄い場合、その裏に、ホルモンの異常があったりするケースも。そうなると病気の可能性も否定できないようです。脇毛が生えない、薄い原因はどんなものがあるのでしょうか?

ストレスが原因で脇毛が薄い


過剰なストレスなども脇毛が薄くなる原因となるようです。

何故かと言うと、ストレスによって毛乳頭の機能が停止することがあるのです。そうすると抜け毛が増えたり、毛髪が細くなると言われています。髪の毛でもありますよね。

強いストレスにさらされた人の毛髪が一部だけ、抜けることがあります。いわゆる円形脱毛症。これは、脇毛にも起きると言われています。

遺伝で脇毛が薄い人も多い


脇毛がまったく生えない薄い原因を探るなら、まず遺伝を疑ってみてください。

体毛が濃い人は、両親や祖父母も同じなんてことはあります。兄弟や血縁者など、脇毛が生えていない人もいるかもしれません。

生えていても極端に少なかったりする可能性も。遺伝と言えば顔や体型などを考えますよね。体毛も遺伝してしまうのです。

ご両親とも脇毛が生えていたとします。しかし祖父母が生えていないのでしたら、隔世遺伝も考えられるでしょう。この遺伝子については、不明なことがたくさんあります。そのため遺伝や隔世遺伝の確率なども、はっきりとは分かっていないようです。

ホルモンの異常で脇毛の量が少ない人も


ホルモン異常で脇毛が生えない薄いことがあるようです。脇毛が薄い、まったくない場合、女性ホルモンのほうが多く分泌されている可能性が考えられるようです。ホルモンバランスは、ちょっとしたことで変化をすると言われています。そのため異常があることで、体毛が発達しないケースもあるようです。
ストレスなどがホルモンバランスを変化させる大きな要因になっているのではないでしょうか。これは体毛が濃い人も同じ。薄い場合でも、男性ホルモンの異常の可能性が考えられるようです。

類宦官症という病気の可能性も

類宦官症は不妊にもつながる……

類宦官症という病気があります。思春期が過ぎてもまったく体毛が生えない、増えないとなるとホルモン異常ではなく、類宦官症も疑ったほうが良いかもしれません。脇毛が生えないだけではないです。他にも声変わりをしなかったり、陰茎や精巣の成長が見られず過剰に小さいことも症状としてあるようです。基本的に性腺機能低下症として分類されています。

性腺刺激ホルモンと呼ばれるホルモンがあります。これは脳の下垂体から分泌されているようです。この性腺刺激ホルモンが精巣を刺激するのですね。そうすると男性ホルモンが作られます。しかしこの類宦官症のケースでは、男性ホルモンを作られないと考えられています。これは原発性ですが、続発性のものも。

続発性のものですと、脳の下垂体から、性腺刺激ホルモンが分泌されないようです。原発性も続発性も、基本的に、先天的な遺伝子異常が原因ではないか?と考えられているようです。しかし原因遺伝子はどれなのかは分かっていないと言われています。
類宦官症の治療ですが、男性ホルモンや性腺刺激ホルモンを体に注射で投与する治療法となるようです。

外陰無毛症もホルモン異常で脇毛が生えない


外陰無毛症と呼ばれる病気もあります。

陰毛だけではなく脇毛も生えないようです。原因として考えられているのは、ホルモン異常のようです。

ただ、そればかりではなく、病気によって薬剤を投与するとしますよね。あるいは放射線を浴びたとします。その結果として、脇毛などが生えないこともあるようです。

外陰無毛症の検査では、男性ホルモンの異常がチェックされるようです。ほかに染色体も異常がないかどうかが判断されます。

治療は原因によってさまざま。例えば男性ホルモンであるテストステロンを使った塗り薬や注射などが行われることも。これは男性ホルモンの分泌障害に対して行われるようです。自己免疫性無毛症の場合ですと、紫外線療法や免疫抑制薬が使用されています。

脇毛が黄色くなったり白いなら黄菌毛症かも

黄菌という細菌が増えることで

脇毛や陰毛などに黄褐色や白いものがつきはじめるという病気があります。

これは黄菌毛症と呼ばれるもの。黄菌という細菌が出したもので、脇毛などを茶色く覆ってしまうそうです。

この黄菌毛症、命にかかわるとかそういう病気ではないと言われています。だからといっても、細菌が感染しているわけですから、ちょっと気持ち悪いですよね。この黄菌毛症の原因として考えられているものがあります。

まずたくさん汗をかく人は、黄菌毛症になりやすいと言われています。汗をかくことによって、どうしても不衛生な環境が作られてしまうのですね。そのため、すぐに黄菌が繁殖しやすくなります。しかし汗はかきたくないと言っても、なかなか抑えられるものではないでしょう。そのため汗をかいたら、すぐにタオルなどで拭くという対策はしたほうが良いです。

基本的にこの黄菌毛症は、不潔にしているとなりやすいとも言われています。ただ、ストレスもこの黄菌毛症を発症する原因となるようです。

黄菌毛症は、命に関わるような病気ではないと言いました。

しかしワキガの原因になる可能性があります。黄菌毛症になったからと言っても、絶対に臭いが発生するというわけではないようです。

しかし、嫌な匂いがすることが多いので、ワキガと勘違いされるケースは少なくありません。黄菌毛症を予防するなら、とにかく清潔にするのと、ストレス解消を意識して生活をしましょう。

黄菌毛症になりやすい人とは

黄菌毛症になる人は汗をかきやすい人がなりやすいようです。そのため、多汗症の人は特に注意しなければなりません。そ

れから中年期以上の男性が黄菌毛症になりやすいという話もあります。女性よりも男性に多いという説も。なぜでしょうか?それは女性より男性のほうが汗を分泌しやすいと考えられているようです。

脇毛をきちんと処理していない人も注意しなければなりません。脇毛があるよりもないほうが清潔さを保てると考えられています。ワキガでもそうですが、この黄菌毛症も嫌な匂いを発生させる大きな要因。そのことを考えるなら、脱毛などをきちんとしてみても良いかもしれません。

脇毛トラブルの原因を知ってスマートに解決

脇毛が原因となって起こるトラブルなどをご紹介しました。

脇毛が薄い人は、濃い人にとってはあこがれの存在かもしれません。しかし、そこには意外な病気が隠されているかもしれないと、私は知っています。

例えばホルモンバランスが崩れていたり、類宦官症も考えられるでしょう。この場合、不妊にもつながってしまうので、油断は絶対にしてはいけないですよね。そのため脇毛が薄い濃いについては、悩んでいるなら、病院へ行って診療を受けてみても良いかもしれません。

他にも、脇毛はワキガの原因になることも知られています。それは脇毛が細菌を繁殖しやすい場所なのが挙げられるでしょう。

脇毛などの病気として、黄菌毛症というのがあります。これもワキガに匹敵するほどの臭いになることも。脇毛が原因になるトラブルはたくさんあります。そのことをきちんと考えて、脇毛のトラブルを普段から考えておきましょう。