看護師として病棟で働くことのメリット・デメリット

病院

看護師の勤務先は病棟以外にも、「クリニック」「デイサービス」「老人保健施設」「透析室」など非常にさまざまです。

それでも周囲の人に「看護師です」と言うと、病棟でテキパキと働いている!とイメージされることが多いのではないでしょうか。それ故に周囲からは「メンタルが強そう」「かっこいい」「お給料、良いんじゃない?」と言われることもしばしば…。

しかし実際は、やりがい以外に多くの大変さを抱えながら頑張っている看護師さんがほとんどです。

今回は、「看護師が病棟で働くメリットとデメリット」について、私の経験を基にご紹介していきます。

  • 病棟で働こうか迷っている看護学生さん・看護師志望者さん
  • 周りに病棟看護師が居るという方
  • 実際に頑張られている病棟看護師さん

上記のような方達にとっての、「共感」や「新しい発見」にしていただければ幸いです。

病棟看護師(正社員)の仕事内容

看護師の仕事内容
一言で病棟と言っても、業務内容はその病棟により違いがあります。
患者さんの置かれている時期や、メインとしている診療科が何なのかによっても看護師の業務は大きく変わってきます。

急性期病棟

急性期病棟であれば、「病気になって間もない患者さん」を看護することになります。患者さんの状況が急激に変わることもあるため、状況に応じた的確な対応・スピード感が求められます。

参考 急性期病棟の仕事内容ナースではたらこ
回復期病棟

回復期病棟であれば、「危機的状況を脱して、回復に向かう患者さん」を看護することが多いでしょう。患者さんがしっかりと身体を回復させることができるように、支援していく力が求められます。

急性期を脱した患者さんの援助といっても、簡単なものではありません。患者さんが合併症を起こさないようにしたり、リハビリがスムーズに進むようにしたり、看護師の役割は非常に大きいものです。

参考 回復期リハビリテーション病棟の仕事内容ナースではたらこ
慢性期を専門としている病棟

慢性期を専門としている病棟であれば、「長期的な治療を受ける患者さん」への援助が必要になります。
病気が再発しないような支援や、患者さんが前向きに治療を受けられるようにサポートを行っていきます。

参考 急性期、回復期、慢性期の違いとは?患者さんへの接し方と働き方のポイント整理医療介護求人ジョブメドレー

上記では患者さんのステージ別に違いを挙げてみましたが、診療科目や内科・外科などによっても看護業務は変わってきます。

しかし「患者さんの身の回りのお世話」や「医師の診察・診療の補助」をするという役割は、どの病棟の看護師であっても共通する業務といえるでしょう。

求められる内容はそれぞれですが、常に命と向き合っていることへのプレッシャーや、夜勤による体力の消耗は多くの人がつらいと感じる部分でもあります。

それでも看護師は日々、「患者さんの回復のために、患者さんとその家族へ最大限のサポートをする」という大きな役割を全うしているのです。

病棟で働くことのメリット

看護師として「病棟」で勤務するメリットからお伝えします。
大きくまとめると、以下のポイントが挙げられます。

メリット
  • 給料が良い
  • 経験が浅くてもしっかりと指導してもらえる
  • 新卒の受け入れ態勢が良い
  • お互いに助け合う姿勢がある
  • 将来の為のキャリアを積むことができる
  • ある程度、業務上の時間管理は自分でできる

「大変そう」なイメージが強い病棟看護師ですが、こう見るとメリットも意外と多くありますね。
これらについて1つずつ解説していきます。

給料が良い

給料
病棟看護師として働いていると、安定したお給料を得ることが可能になります。病棟勤務では夜勤もあるため、その手当が付くというのも大きいですよね。

新卒でもしっかりボーナスまで支給されるところが多いのではないでしょうか。

私自身も新卒で入職し、初めての夏のボーナスをしっかりいただいたのがすごく嬉しかったことを覚えています。入職から夏まで数か月間しか働いていないのに、こんなにもらえるなんてすごい!と感じた経験があります。

看護師は、「一般の男性サラリーマンと同等かそれ以上の給料」を稼ぐことができる職種の1つと言われています。(もちろん正社員以外のパートであっても、時給は高めに設定されていますよね。)

尾崎
病棟看護師の「安定した収入を手に入れることができる」という点は、大きなメリットといえます。

経験が浅くてもしっかりと指導してもらえる

看護師の指導
病棟では基本的に看護師不足のところが多いです。
そのため「前職を1年で辞めてしまった」「ブランクがある」という方も、比較的受け入れてもらいやすい傾向にあります。

また新人だけで仕事をするということはほとんど無く、必ずベテラン看護師が一緒にシフトに入る場合が多いです。わからないことがあれば熟練の看護師に聞くことができるというのは、病棟勤務の大きなメリットですよね。

親切な先輩であれば、未経験者や経験の浅い若手に対して「大丈夫?」「わからないことあった?」と気を配ってくれるという場合もあります。

病棟勤務は他に比べると、経験の浅い人には働きやすい環境であるといえるでしょう。

新卒の受け入れ態勢が良い

新卒
未経験者でも働きやすいという点と共通している項目ですね。
新卒の受け入れに関して、ほとんどの病院では当たり前のように1年目の教育に力を入れています。

1年目が集まって看護技術・知識を学ぶ機会が設定されていることはもちろん、病棟単位での教育も充実していることが多いです。

私自身が病棟看護師をしていたときは「プリセプター制度」が採用されていました。新人1人に対して、専属の指導係の先輩が1人付くという制度です。

また、入職後間もないときには「ダブル」と言う勤務形態がありました。ダブルは、「その先輩と2人1組になって仕事をする」という内容です。「シャドウ」というところもあるのだとか。

尾崎
友達の働いていた病院でも同じ制度があったと聞いているので、専属の先輩を付けるというシステムも珍しくないことと考えられます。
こういった教育制度の充実は、介護施設やクリニックと比較すると病棟勤務の長所だと言えそうです。

お互いに助け合う姿勢がある

看護師に限ったことではないかもしれませんが、スタッフ1人1人が助け合って仕事をしていることが多いです。

例えば自分の業務が終了したら、記録が残っているスタッフに対して「何かできることありますか?」と声を掛けるのは当たり前のことでした。

また看護業務は力仕事も多いです。例えば重い患者さんの体重測定などの時には、介護職員との連携も必要になります。
1人ではできない仕事があるときは病棟に響くくらい大きな声で「力貸してくださーい!」と叫びます。
そうすると誰かが来てくれるため、チームプレーでスムーズな業務が可能になるのです。

反対に、誰かが力を貸してほしいときには率先して支援します。
スタッフ全員で協力しなければ業務が進まないため、チームプレーが自然と身につくようになるのです。

こういった連携する姿勢を学ぶことができるのは、個人的には病棟で働く大きなメリットだと感じました。

将来の為のキャリアを積むことができる

キャリアアップ
病棟は介護施設などとは違い、日常生活の支援以外の「医師の指示の下での医療行為」も多く行うことが多いです。そのため基本的な看護技術や医療行為を身に着けることができます。
「病棟で数年働いて、他のところへ異動・転職する」という働き方をする看護師も多いですよね。

病棟勤務で基本的な看護技術や知識を身に着けることができれば、その後はさまざまな勤務先で応用することが可能になります。
最初に配属された病棟で数年勉強し、その後は自分の希望する働き方(クリニックや透析室、介護施設など)を叶える、というキャリア形成も魅力的ですね。

自分自身の実績を確実に形成していきたいという方にとっては、病棟勤務で経験を積むことは一番メジャーな方法であるといえます。

ある程度、業務上の時間管理は自分でできる

時間管理
意外に思われる方も多いかもしれませんが、業務上の時間管理はある程度自分で決定することができます。

ほとんどの病棟では「患者受け持ち制度」があります。
看護師は業務開始前に受け持ちの患者さんの情報補収集をし、その日に自分がすべき業務をピックアップします。それを適切に組み立てて、自分の1日の行動を計画していきます。

例えば

  • 何時に○○さんの注射
  • 何時に◇◇さんの血糖測定
  • 何時に全員分の点滴チェック

など、ある程度のするべきことは決まっています。(もちろん上記以外にも、1日にすべきたくさんの業務があります)
慣れてくればそれぞれのやり方が決まってきますので、それを軸にして自分の行動順序を計画していくことができます。

もちろん患者さんの状態によって臨機応変な対応は必要になります。イレギュラーな事態もたくさん起こりますので、計画通りにはいかないことが多いです。

それでも基本的な時間管理や計画を立てることは可能なので、ある程度自分のやりやすい方法で仕事をすることができます。

病棟で働くことのデメリット

上記ではメリットについて触れましたが、もちろんデメリットも多くあります。
実際に病棟で働いている看護師の方であればお分かりだと思いますが、一言でいうと「大変」ですよね。
どんなデメリットがあるのか、具体的にご紹介していきます。

デメリット
  • 人間関係が煩わしい
  • 命に関わる現場のためプレッシャーが大きい
  • 時間に追われてイライラしている人が多い
  • 合わない人との夜勤が大変
  • 生活リズムがかなり乱れる
  • 縦社会制度が根強く残っている場合もある
  • 患者さん全員と深くかかわることは難しい

個人や環境によって感じ方はさまざまではありますが、個人的には上記の点がデメリットだと感じました。
体験談を交えて、1つずつ解説していきます。

人間関係が煩わしい

ストレス看護師
これは非常に大きなデメリットではないでしょうか。
人間関係に悩まされると非常につらいものです。私自身は女社会を非常にストレスに感じていました。

病棟はスタッフのほとんどが女性で構成されています。場所によってはグループができていたり、陰口が聞こえてきたり…。病棟で勤務していると、女性特有の悩みが発生しやすいといえます。

「昨日は影口を言っていたのに、今日は平気で仲良くしている」
私はスタッフたちのそんな姿を見て、「自分は何を言われているんだろう…」「明日は我が身かもしれない…」と、過剰に人の顔色を伺うようになりました。

命と向き合うプレッシャーや、夜勤業務での体力消耗も相まって、少なからず人間関係にも影響が出てしまうのではないでしょうか。

もちろん職場によって違いは大きいことは確かですが、看護師は精神的な負担が大きい仕事です。そのため気が強い人が勝ち残ったり、殺伐とした雰囲気になったりするのは、よくあることのように考えられます。

命に関わる現場のためプレッシャーが大きい

患者の急変
上記でも触れましたが、看護師は「人の命にかかわる仕事」をしています。

医療職でなければ、人に注射をすることはまずないでしょう。看護師は、例えば注射を1つ間違えてしまうだけでも患者さんの身体に多大な影響を与えてしまいます。
看護師の1つ1つの行為が、患者さんの命に関わっていると言っても過言ではありませんよね。

「あの時しっかり確認していれば…」「あの時少し意識していれば…」では取り返しのつかない事態も起こりうるのです。

そういったプレッシャーに耐えることができない…という理由で病棟看護師を辞めていく人も多く居ます。

病棟では介護施設などに比べると医療行為も多いため、プレッシャーの大きさはデメリットであると考えられます。

時間に追われてイライラしている人が多い

看護師のストレス
病棟で働いていると、業務や時間に追われてイライラしているスタッフが多いのは現実です。

自分がすべきこと・する予定だった業務のほかに、「緊急手術」が発生すれば、そちらの対応もしなければなりません。容体が急変した患者さんが出れば、ほぼそちらにつきっきりになってしまいます。

そういったイレギュラーな事への対応にも日常的に追われているため、病棟ではイライラ・キビキビとした雰囲気が漂いがちです。

そして自分がすべき業務がしっかり終わらないと「全員が参加するべき業務」に参加できなくなってしまいます。

私の経験では、具体的には患者さんの排泄介助やオムツ交換は病棟全体で行っていました。
しかし自分がすべき業務が終わらないと、そちらに参加できません。

参加できないと「あの人は自分の仕事ばかりしている」「仕事が遅いから、全員でやる仕事に参加しない」と怒られる…というループに陥ります。

基本的には、なんとしてでも「やるべき業務は時間キッチリでこなす」という意識がありました。そのためか、全体的にスタッフの中にはイライラ・キビキビしている人が多かったように感じます。

合わない人との夜勤が大変

人間関係
病棟勤務には夜勤がありますよね。
夜勤は基本的に少人数でシフトが組まれていることが多いです。そのため、苦手な人とペアで夜勤になるということもしばしば…。
そうなると、深夜から朝までずっとその人と仕事をすることになります。

私自身は、「怖い先輩の顔色を伺いながら、朝まで乗り切る」という苦い経験を何度もしてきました。怒られないように1つ1つの言動に配慮し、朝まで過ごすのです…。

そこで患者さんの急変などが起これば、その相手と連携して臨機応変な対応をしなければなりません。また、わからないことがあれば必然的にその人に質問しなければなりません。

そこで嫌な事を言われたり、怒られたりしてしまうと、体力のみならず精神面でも消耗してしまいますよね。
3人夜勤などもあるため、勤務の形態は病棟によりますが、苦手な人と一緒の夜勤は非常にストレスになります。

生活リズムがかなり乱れる

生活リズム
なんといっても夜勤があることで、自分の生活リズムはゴチャゴチャになってしまいます。

3交代・2交代など時間帯は病棟によりますが、私は3交代での勤務経験があります。
日勤→新夜勤で、昼働いた後に日付が変わる頃再度出勤するという日も何度もありました。「私は一体いつ寝れるんだろう…」「こんな生活リズムで一生過ごしていたら身体が持たない…」と途方に暮れていました。

深夜明けの朝に「疲れているのに眠れない…」といった経験をされている方も、多いのではないでしょうか。寝る時間もバラバラになってしまえば、質の良い睡眠もとれなくなってしまいがちです。

介護施設などであれば夜勤がある場所もありますが、クリニックやデイサービスは日勤のみのところが多いです。
病棟で働く看護師は、朝も夜も関係なくシフトが組まれるため、その分体調管理する力も求められます。

そのため「体力の消耗」といった観点では、病棟で働くことのデメリットと言えそうです。

縦社会制度が根強く残っている場合もある

あくまでも私の経験からですが、古い文化が残っている病院ほど「縦社会」に厳しい印象があります。

病院では院長をはじめとして、医師、その下に看護師といった順で組織が構成されています。

もちろん医療行為も医師の指示の下で行いますので、普段から「医師」が強い影響力を持っていることは確かです。

そのためか、医師が看護師を怒鳴ったり、大勢の前で責めたりといった場面も目撃してきました。
しかし友人が勤務していた病院では、「医師と看護師が雑談する程仲が良い」といった話もありました。

病院には一概に縦社会がある!とは言い切れませんが、場所によっては「縦社会制度が根強く残っている」ところもあるのです。
これは医師と看護師の関わりが多い、病棟ならではの風景・デメリットの1つと言えそうですね。

患者さん全員と深くかかわることは難しい

患者さん全員と深くかかわることは難しい
介護施設やデイサービスであれば比較的、利用者さん1人1人とゆっくり関わることができます。

病棟では先述したように、「時間に追われて業務をこなす」ことが多くなります。
患者さんに「あのね~昨日はね~こんなことがあってね~」とお話をされても、早々に切り上げなければならない…ということも多くありました。

看護師として、患者さん1人1人の話に耳を傾けたいという気持ちももちろんありました。しかしそれでは、自分のやるべき業務が進まないのです。

「もっとゆっくり関われればいいのにな…」と感じている看護師さんも多いのではないかと思います。

大変な事も多いけれど、同じくらいメリットもある

ここまで、看護師が病棟で働くメリットとデメリットをご紹介してきました。
大変そうなイメージが多い病棟看護師ですが、同じくらいメリットもあることがお分かりいただけたと思います。

様々な角度から総合的に考えると、以下のような考察をすることができました。

人間関係が良い病棟は比較的頑張りやすい

看護師が頑張る
私は看護師が病棟で働く上で、メリットが上回るかデメリットが上回るかは「人間関係」にかかっていると考えています。

例えば「わからないことがあったので質問したい。でもみんな忙しそうにしている。」という場面でも、信頼できる先輩がいれば少しは聞きやすいです。

同じ病棟のスタッフが良い人ばかりであれば、「体力勝負の夜勤」もお互いに声を掛け合って乗り切ることができるでしょう。

このように一緒に頑張れるスタッフの存在があれば、つらいと言われている病棟での業務も、気持ち的に頑張れそうな気がしませんか?

逆に個人的には、何をするにしても「影口が聞こえてくる」「怒られてばかり」「誰も味方が居ない」…そんな環境では、すべてのメリットが台無しになってしまうと思うのです。

どうしても頑張れない。そんなときの対策

「やっぱり病棟の看護師に向いてない」「いますぐにでも辞めたい!逃げ出したい!」
1度そう思ってしまうとなかなか切り替えるのは大変ですよね。重い足取りで職場へ向かう日々は本当につらいものです。

しかし、頑張りすぎて身体を壊してしまうのは一番悲しい結果です。限界が来る前に、どうにか対策を取ることが必要です。

上司に病棟・部署異動の相談をする

思い付きで「辞めます!」と宣言する前に、部署異動を頼んでみるという方法です。

総合病院であれば、病棟は一つだけではないでしょう。病棟以外にも、自分のスキルに見合った他部署を提案してもらえる可能性もあります。

限界を感じる前に、早めに上司へ「つらいです」とSOSを出してみましょう。
しっかりした上司であれば、耳を傾けてくれるはずです。

職場をやめる相談する

その職場で働くことを辞めるという方法です。

選択肢は、同じところで働くという方法だけではありません。看護師の免許があれば、さまざまな場所で看護師として働くことが可能です。

新たな環境での仕事となると腰が重いものですが、「もう嫌だ…」となってしまう前に、その病院自体を辞めてしまうというのも1つの手段でしょう。

看護師転職サイトを使用してみる

看護師向けの転職サイトを利用するのも1つの方法です。
自分自身の希望する勤務形態や、就業時間など細かい点まで絞り込んで探すことができます。

なかでもオススメは、看護roo!
看護師であれば一度は耳にした事があるサイトではないでしょうか。証一部上場企業が運営しているため、信頼性も高いといえるでしょう。
面接に同行してくれるなど手厚いサポートを受けることも可能です。

求人の質が良いと評判が良いため、求人をチラっと見てみるだけでも参考になります。

「こんな求人があるのか…」という風に、少しだけ視野を広げてみるのもオススメですよ。

転職サイトが気になる方はこちらの記事もおすすめ
目的別で選ぶ看護師転職サイトおすすめランキング目的別で選ぶ看護師転職サイトおすすめランキング

看護師として頑張ることは大きな財産になる

看護師が病棟で働くことは、決して楽なことではありません。精神的にも、体力的にも、すべてにおいて大変なことがたくさんあります。

それでも病棟で経験を積むことができれば、その経験はキャリアを形成する上で「大きな財産」になるといえるでしょう。大変な分、学べることは多くあります。

しかし頑張りすぎて身体を壊してしまうのは一番悲しいことです。頑張り続けることが必ずしも正しいわけではありません。身体からのSOSを感じたら、どうか無理せず、すぐに対処するようにしてくださいね。

そしてもしあなたの身近に、悩んでいる病棟看護師が居たら、ぜひ話を聞いてあげてください。

1人でも多くの病棟看護師さんが、楽しく看護師として働くことができるように願っています。