美容外科看護師のメリット・デメリット

美容外科看護師

看護師の仕事は、高齢者と関わることが多い仕事というイメージが強いのではないでしょうか。
そんな中でも美容外科クリニックでの勤務は、なんとなくキラキラした印象がありますよね。

実際に美容系のクリニックは年々増加しています。それに伴って「美容外科クリニックでの勤務」に憧れる看護師さんも増えてきています。

中には病棟での勤務に疲れてしまい、看護師を辞めたいと考えている方も居るでしょう。

ですが、看護師を辞めるのは非常に勇気のいることです。
そこで「看護師免許を活かして美容に携われる」と聞くと、美容外科での業務が魅力的に感じられますよね。

とはいえ美容外科クリニックでの勤務は、まだまだ普及していない働き方といえるでしょう。
そこで今回は、看護師が「美容外科クリニックで働く際のメリットとデメリット」についてご紹介していきます。

転職をお考えの方や「今まさに悩んでいる!」という方は、ぜひ1つの参考にされてください。

美容外科クリニックで働く看護師の業務内容は?

美容外科クリニックで働く看護師は、一体どんな業務をしているのでしょうか。

「カウンセリング」や「手術の介助」がイメージされやすいかもしれません。
ですが実際には上記のような医療行為以外に、「雑務」や「電話応対」なども看護師が行っている場合が多いのです。

美容外科クリニックの規模や方針によって異なる部分もさまざまありますが、一般的な業務内容についてご紹介していきます。

受付業務・電話対応

受付業務・電話対応
多くの美容外科クリニックにはフロントが設けられています。
規模の大きな美容外科クリニックであれば、フロント専属のスタッフなどを採用しているところもあるでしょう。
しかし一般の診療所などと同様に、規模がそこまで大きくない美容外科クリニックでは看護師が受付をするケースも多くあります。
さらには受付のみならず、電話応対をすることも少なくありません。

こういった業務は「一種の接客」ともいえるため、ビジネスマナーやお客様をもてなすスキルも重要になってくるといえますね。

お客様のカウンセリング

お客様のカウンセリング
初診の際のカウンセリングや、お客様のお悩みを聞いて解決に導くことも業務の1つです。

専門のカウンセラーが常駐している美容外科クリニックもありますが、看護師がカウンセリングを行うことも一般的となっています。

患者さんの悩んでいることや、どうなりたいかを丁寧にヒアリングします。予算なども交えて相談に乗りながら、必要な施術などを提案して「理想に導くお手伝い」を行います。

手術介助などの医療的行為

医療的行為
美容整形の手術に際して、点滴のルート確保や採血は頻繁に行うことが多いでしょう。

美容外科ならではのオペ介助となり、医療機器も専門的なものを使用します。また一般診療ではあまり聞きなれない薬剤を使用することも…。

なので、入職してからしばらくの間は学ぶことが多くて大変ともいわれています。
ですが美容に関する医療を身近で学習できるため、美容が好きな人にとっては大きなやりがいにもなるのです。

医療器具の滅菌などの雑務

美容外科クリニックではオペの頻度が高いため、それに伴って機器の滅菌・消毒・洗浄の機会も増加します。
タオル類・ベッドシーツなどの清潔保持や、院内の清掃を看護師が担当している所も。

看護業務以外の雑務を任されることが多いという点では、一般的な診療科目のクリニックと変わらないといえるでしょう。

看護師が美容外科で働くメリット

では早速、看護師が美容外科クリニックで働く際のメリットから見ていきましょう。

クリニックの規模や理念、運営方針によってそれぞれに違いはあります。
私自身の経験や見聞きしたことを基に考察していますので、1つの参考にしてみてください。

具体的にメリットと感じたのは以下の点です。
・お給料が高めに設定されている
・日勤のみの勤務形態
・基本的に残業が無い
・お客様が健康なので精神的に楽
・自分自身もきれいになれる
・接客のスキルを学ぶこともできる

これらについて1つ1つ見ていきましょう。

お給料が高めに設定されている

給料

 

美容外科クリニックでは、一般的な診療科目のクリニックよりお給料が高く設定されていることが多いです。

どこの美容外科で働くのか、そこが大手なのか小規模なのか、などによっても変動するのは確かでしょう。しかし美容外科で働いている看護師は、「夜勤が無いわりには給料が良い!」と感じることが多いようです。

では美容外科クリニックではどうして給料が高いのか?気になる点ではありますね。

美容外科クリニックでの医療は、基本的に健康保険が適用されない「自由診療」になることが多いです。つまりクリニックが「自由に価格を設定できる」ため、それなりに利益を得られることが理由の1つといえるでしょう。

さらに大手の美容外科クリニックや、口コミで評価の高い所であれば、ややお高めの料金設定でもお客様が離れにくい傾向にあります。

こういったことから、美容外科クリニック利益を得やすいという事も考えられますね。

またクリニックによっては、看護師に「インセンティブ」が与えられる場合もあります。
インセンティブは簡単に言うと「お客様に契約してもらえたら、その分報酬が上乗せされる」といった仕組みです。

お客様の悩みを傾聴してうまく営業することができれば、実績によっては高いインセンティブを得られる場合もあるのです。

日勤のみの勤務形態

多くの美容外科クリニックは日勤のみの営業となっています。
大がかりな整形手術を行うところであればこの限りではないかもしれませんが、日帰りの施術を主にしているところがほとんど。

さらに美容外科クリニックであれば、基本は完全予約制。急な患者の受け入れもめったにありません。病院と違って、夜勤中に突然「入院患者が来ます!」なんて状況にならないのは、精神的な負担の軽減にもなりますよね。

さらに夜勤業務は体力をとてつもなく消耗しますし、不規則な勤務は体力的にもつらいものです。

「夜勤をしてどんどん稼ぎたい!」という看護師さんにとってはメリットにならないかもしれません。ですが私個人としては、夜勤が無いだけで体調を整えやすい点は非常に魅力的だと感じます…。

基本的に残業が無い

残業
上記でもお伝えしましたが、美容外科クリニックは基本的に完全予約制。「急に患者さんが飛び込みで…」という状況は多くない現場です。

また美容外科クリニックは、一般の診療科と比べると就業時間が遅いところが多いです。
午前10時に開業し、19時や20時に終了、というところが一般的でしょう。営業時間に合わせて患者さんの予約スケジュールを管理しますので、大幅な残業が無い場合がほとんどです。

定時が遅いのはちょっと…という方にとってはデメリットにもなり得るかもしれませんね。
ですが、私が病棟などに勤めていたときは「残業で21時に退勤…」なんてことも普通にありました。定時で上がれるのは、精神的にも体力的にも嬉しいポイントではないでしょうか。

患者さんが健康なので精神的に楽

重篤な病気を抱えた方の看護となると、どうしても「プレッシャーや重圧感」を感じやすいですよね。

美容外科クリニックに来るお客様はほぼ「健康な人」です。なので、患者さんというよりは「お客様」と呼ばれることが多いのです。

美容外科クリニックに勤務していれば、基本的に重症患者の看護や治療に関わることはありません。急変等に遭遇する可能性も低いため、気持ちの面では多少なりとも苦痛が減るのではないでしょうか。

日々働く上で、精神的な負担が軽減されるのは大きなメリットになりますね。

自分自身もきれいになれる

美容外科クリニックでは「従業員特典」などの制度を設けているところも存在します。
その場合、社員割引で脱毛・美容点滴などの施術を受けられることがあるのです。

さらには、導入された最新機器をスタッフが無料で試してみる、なんていうことも。
実際に自分自身で施術を経験してみることが、患者さんのカウンセリングで具体的な提案をすることにもつながります。

業務に活かせることももちろんですが、格安で施術を受けられるなんて、とっても魅力的に感じますよね。

社員割引や従業員特典の有無は、クリニックによって違いがあるので要チェックです。

接客のスキルを学ぶこともできる

先述した通り、美容クリニックに来る方は「患者さん」というより「お客様」というイメージに近いです。
キレイになるためにお金を払って施術を受けに来ているわけですので、看護師にも質の高い接客やおもてなしを求めている方が多いのです。

ですので、看護スキル以外にも「接客」や「おもてなし」のマナーについても、深く学ぶことができるのです。

看護師が美容外科で働くデメリット

メリットを見てみると「いい事だらけ!」「自分もきれいになれるなんて最高!」と感じた方も多いかもしれませんね。

華やかそうに見える美容クリニックでも、実は意外な短所も存在します。
具体的には以下の点がデメリットとして挙げられるでしょう。

・クリニックによっては営業ノルマがある
・土日祝日に忙しくなる
・クレーム対応が必要な場合も
・一般的な診療科目での看護スキルが低下しやすい
・お給料が安定しない場合も

クリニックによっては営業ノルマがある

多くの美容外科クリニックには「営業目標・営業ノルマ」が設定されています。

その中でも、
・クリニック全体の売り上げ目標が設定されている
・看護師個人のノルマが設定されている
・看護師にはノルマがない(カウンセラーが営業活動を行う)
こういったパターンが挙げられるでしょう。

ノルマや目標がある場合は、お客様に対して他のメニューを提案したり、商品をすすめることで契約を取ったり…。そのクリニックの売り上げに貢献できる力が求められてきます。

個人的な営業ノルマを言い渡されなくても、「インセンティブ制度」が設けられていると、どうしてもプレッシャーを感じてしまいがち。
看護師であれば「営業職」を経験したことがある方はそう多くありません。初めての営業トークやノルマに対して、精神的負担を強く感じてしまうケースもあるのです…。

土日祝日に忙しくなる・休みづらい

美容外科クリニックは一般診療科のクリニックと違い、土日祝日に混雑しやすい傾向にあります。

休日に施術を受けたいと考えているお客様も多いため、お盆やゴールデンウィークなどの連休も美容外科クリニックにとっては繁忙期となります。

休み希望は閑散期や平日であれば比較的出しやすいといえますが、忙しい時期の休みはやっぱり取りづらいですよね。
土日祝日が休みにくいとなると、友達や家族と休みが合わない…といったことも想定されます。
子育て中の方など「カレンダー通りの休みが欲しい」とお考えの方にとっては、デメリットになるといえるでしょう。

クレーム対応が必要な場合も

病棟や一般診療科目のクリニックであっても多少のクレーム対応はつきものです。

ですが美容外科クリニックでは、「見た目に対するコンプレックス」を持っている方が多く来院します。
ですので、より繊細な接客が求められると同時に「施術の効果」も重要視されるのは当たり前といえますね。そのため、看護師が提供する「お客様の気持ちのサポート」も重要になってきます。

言い換えれば、スタッフの対応や施術ひとつでお客様に与える印象はガラリと変わるということ。場合によっては、大きなクレームとなってしまう可能性もゼロではありません。

お客様からのクレーム対応を負担に感じてしまう看護師も一定数存在するため、デメリットになるといえそうです。

一般的な診療科目での看護スキルが低下しやすい

病気やケガをしている人の看護を行うわけではないので、医療のスキルが低下してしまうリスクは考えられるでしょう。

一般的な診療科目と美容外科とでは、必要とされる医療知識や技術にも違いがあります。そのため美容外科クリニックで長く勤めていると「病棟で身に着けた知識や技術を忘れてしまう…」なんてことも。

そして求人によっては「美容クリニックでの経験年数は臨床経験として数えない」とされている所もあります。看護師としてのキャリアを考えるのであれば、このような点も考慮する必要があるでしょう。

とはいえ美容外科クリニックで身に着けた専門性は、他の美容外科に転職する時に有利になります。

ご自身が今後どんなキャリアを積んでいきたいかを、慎重に考える必要があるといえそうですね。

お給料が安定しない場合も

前述したように、インセンティブ制度のある美容外科クリニックも存在します。

そのような場合は「どれだけ契約を取れたか」によってお給料も変動しますよね。
例えばですが、「先月は30万円を超えたのに、今月は固定給だけだった…」というように、毎月のお給料がインセンティブによって左右される可能性があるのです。

また美容外科クリニックのボーナスは一般的な企業と同様に「売上」に左右されることが多いとされています。そのため「売り上げが低かった年のボーナスが少ない」という事態もあり得ます。

「頑張ったら頑張った分だけお給料が増える」ことがモチベーションにつながるか、デメリットと感じるかは人それぞれ。

もちろんインセンティブ制度が無いなど、毎月のお給料が固定されているクリニックもあります。しっかりと求人票をチェックするのは必須といえますね。

美容外科看護師に求められること

美容外科クリニックでは、どんな看護師が求められているのでしょうか。

当たり前ですが美容外科には、「美容に興味がある人」「より美しくなりたい人」が来院します。高齢者の多い病棟などとは違い、「健康な方」と関わる現場といえるのです。

ですので看護のスキルはもちろんですが、来院してくれた方に満足してもらえるような「接客力」も求められる点は、美容外科クリニックならではの特徴といえるでしょう

もう少し詳しく解説していきます。

美容への興味関心と学ぶ意欲がある

何より大切なのは「美容への興味関心と学習意欲があるか」ではないでしょうか?
他の人にオススメするためには、自分自身がその商品の魅力についてよく知っている必要があります。

また美容外科に来るお客様は美容への意識が高いため、施術などについて念入りに調べてから来院されるお客様も多いです。

そんなお客様からの質問に答え、より良いアドバイスをするためには、看護師として専門的な学びを深めることは欠かせないといえるでしょう。

美容について「仕事だから仕方なく勉強する」のではなく、「知ることが楽しい、もっと勉強したい」と感じられる人の方が向いているかもしれませんね。

悩み相談に乗るのが得意

美容外科クリニックにいらっしゃるお客様は、「コンプレックスをどうにかしたい」「美しくなりたい」というデリケートな悩みを持っています。

そういった方の悩みに「いかに丁寧に耳を傾けられるか」は重要なポイントになってきます。

看護師がカウンセリングを行うクリニックだったとしましょう。
そこで「瞼が一重で悩んでいます」というお客様に「では二重にしましょうね。」と事務的に話を進める対応では、信頼関係を築くのには時間がかかりそうですよね。

お客様に安心してもらうためにも、例えば「どういった二重になりたいのか、予算はどれくらいなのか」など、丁寧にお話を聞き出していく必要があります。

一方的に話を進めるだけでなく「その方の悩みに一緒になって向き合える力」がある方は、美容外科でも活躍しやすいのではないでしょうか。

ちなみに美容外科クリニックで働く看護師さんの中には、「カウンセラー」の資格取得を目指す方も多いようです。「人の話を聞く能力」が大切である点は明白といえそうです。

手術室看護師の経験があると役に立つ?

美容外科クリニックの施術は、「手術」になることも多くあります。オペ介助を行うことも、看護師の大きな役割の1つです。

そのため手術室での勤務経験がある場合は、それまで身に着けた知識や技術を活かせることがあるのです。実際に、手術室看護師から美容外科クリニックの看護師に転職する人も少なくありません。

美容外科ならではの手術器具や薬剤名・施術なども多くありますが、手術室で積み上げてきた知識に追加して身に着けていくようなイメージになるでしょう。

とはいえ、未経験でも歓迎としている美容外科クリニックも多くあります。充実した研修制度を設けている所もありますので、「未経験だから向いていない」というわけではありません。

まとめ

看護師の間でもひそかに人気を浴びている、美容外科クリニックでのお仕事。
美容クリニックでのお仕事は、高齢者の多い病院とはまた違った魅力がありますよね。

今回はそんな「美容外科クリニックで勤務するメリットとデメリット」についてお伝えしました。

クリニックによっては営業ノルマがあったり、接客スキルが必要だったり…美容外科ならではの特徴は多くあることがわかりました。
だからこそ、それぞれの性格や考え方によって「デメリットがメリットになる(またはその逆)」…ということも充分にあり得そうですね。

「美容外科での仕事に興味があるけど、実際のところどうなの?」
そう感じていたあなたの疑問が、1つでも解決されれば幸いです!