美容電気脱毛(ニードル脱毛)のメリット・デメリット【効果や痛みに料金相場】

キレイな肌

以前は脱毛といえば電気脱毛(ニードル脱毛)が主流でしたが、最近はレーザー脱毛や光脱毛が主流となりつつあります。

それでも、確実に脱毛ができる電気脱毛のニーズはあるもので、現在でも電気脱毛をしてくれるエステサロンやクリニックがあります。

そこで、ここでは電気脱毛(ニードル脱毛)のメリットやデメリットをご紹介し、どのような人に適しているのかについて解説していきます。

電気脱毛(ニードル脱毛)とレーザー脱毛・光脱毛の違い

電気脱毛のメリットやデメリットをお伝えする前に、まずは電気脱毛とレーザー脱毛・光脱毛の違いを説明します。

施術方法と効果が違う

脱毛の違い

電気脱毛もレーザー脱毛・光脱毛も、「毛を作り出す“毛母細胞”を破壊・損傷させて脱毛する」という根本的な原理は同じですが、それぞれ毛母細胞の壊し方が違っています。

効果も異なっているため、「完全に生えてこないようにしたい」のか、「細い毛にしたい」のか、希望に合わせた脱毛法を選ぶことが大事です。

電気脱毛は、一つ一つの毛穴にアプローチし、毛母細胞を直接破壊するので確実に永久脱毛でき、その場で毛が無くなるのが最大の特徴でしょう。

光脱毛は永久脱毛ではない

レーザー脱毛も永久脱毛が可能ですが、光脱毛は永久脱毛に近い状態にはなりますが、完全に毛母細胞を破壊できるほどの強いレーザーではないので、また毛が生えてきます。

電気脱毛・レーザー脱毛・光脱毛の流れ
手順電気脱毛レーザー
脱毛
光脱毛
1毛穴に針を差し込む皮膚に強いレーザーを当てる皮膚に弱いレーザーを当てる
2針に電気を流す黒い毛が光を吸収して熱を持つ
3毛母細胞が破壊されて発毛機能低下
(永久脱毛)
毛母細胞がダメージを受け、発毛機能低下
電気脱毛の施術動画

光脱毛の施術動画

電気脱毛はどんな毛質や肌質にも対応できる

万能という字
電気脱毛は直接毛穴へアプローチするのに対し、レーザー・光脱毛は肌にメラニン(黒い色)に反応する光を当てて脱毛します。

そのため、レーザーと光脱毛は白髪・うぶ毛には効果がほとんどなく、日焼け・タトゥーをしていると肌を焼いてしまう可能性があるため施術できません。

メリデメ編集部

電気脱毛は毛穴から針を入れ、毛母細胞だけにダメージを与えられるので、白髪やうぶ毛、日焼けやタトゥーでも脱毛が可能なのです。

レーザー・光脱毛がなぜ白髪などに適していないかというと、白髪やうぶ毛はメラニン色素が薄いため光が照射されても反応せず、毛母細胞にダメージを与えられないからです。

そのため、ムダ毛も抜けないし、またすぐに生え変わってしまいます。

白髪の脱毛

逆に、日焼けやタトゥーをしていると、黒い毛と同様に光が肌のメラニン(タトゥーの場合はインク)に反応してしまい、肌が火傷状態になってしまいます。

また、タトゥーが消えたり、変色する可能性も高いです。
(ホクロは専用のシールで隠せるので、施術可能です。)

電気脱毛(ニードル脱毛)のメリット

では、電気脱毛のメリットを見ていきましょう。

  • 確実に永久脱毛できる
  • 日焼けしている人でも施術できる
  • 白髪や産毛も脱毛できる
  • その場でムダ毛がなくなる
  • ワキガ対策にもなる
では、それぞれについて詳しく内容を見ていきましょう。

確実に永久脱毛できる

電気脱毛そのものは完全永久脱毛できる唯一の方法だとFDA(米国食品医薬品局)で認められている脱毛法です。

電気脱毛はすでにお伝えしましたように、毛穴に針を差し込んで毛母細胞を直接破壊するので、確実に毛母細胞を破壊でき、そこからは毛が生えてくることはありません。

レーザー脱毛も永久脱毛できると言われていますが、確実性は電気脱毛の方が高いです。

しかも、歴史が140年以上あり、これまで多くの人が利用してきたという実績があるから、これほど長く続くと言えるでしょう。

火傷など体への副作用もほとんどなく、安全に永久脱毛をするという点が最大のメリットとして挙げられます。

日焼けやタトゥーをしている人でも施術できる

繰り返しになってしまいますが、レーザー脱毛や光脱毛はメラニン色素に反応して熱を発するため、日焼けやタトゥーは絶対にNGとされています。

それに比べ、電気脱毛の場合には、直接毛母細胞にダメージを与えますので、日焼けやタトゥーをしていても問題なく施術できます。

肌に直接影響を与えませんので、肌荒れがあるという場合でも施術できるなど、施術できる条件が幅広いというメリットがあります。

白髪やうぶ毛も脱毛できる

電気脱毛が他の脱毛方法と比べて圧倒的に優れているのは、脱毛する毛質を問わないという点にあります。

レーザー脱毛や光脱毛は、メラニン色素がないと毛母細胞にダメージを与えることができないため、白髪やうぶ毛の脱毛に効果がほとんどないというデメリットがあります。

電気脱毛は毛穴ごとに施術しますので、弱々しいうぶ毛でもメラニン色素がない白髪でも関係なく施術できます。

最近は日本人でも毛色が薄い人が増えましたが、そういう人はレーザー脱毛や光脱毛では効果を得られないこともありますが、電気脱毛なら問題なく永久脱毛できます。

介護脱毛を検討している40代以上の方でも安心

介護を受けるときのことを考え、介護脱毛を受ける人が増えています。
しかし、白髪が目立ってきたから諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
電気脱毛なら、白髪にも脱毛効果があるので、安心して脱毛できるので検討する価値アリです。

その場でムダ毛がなくなる

施術をして毛が抜け落ちるのに2週間程度の時間がかかるレーザー脱毛や光脱毛に比べ、電気脱毛の場合には施術するタイミングで毛も抜きますので、施術後すぐにスベスベの肌になります。

ただし、電気脱毛でも1回の施術で終わりになるわけではありません。

毛が生えている毛穴に対して施術をするので、毛がまだ生えてきていない休止期や、成長初期の毛穴にはアプローチできないため、数カ月後にそれらの毛穴に対して処置を行う必要があります。

メリデメ編集部

脱毛が完了するのに1年近くかかるということを覚えておきましょう。

ワキガ対策にもなる

ワキガの原因は毛穴のアポクリン汗腺にあるとされています。

電気脱毛を行うとアポクリン汗腺にもダメージを与えることができ、汗腺の働きが弱まり、結果ワキガが気にならなくなったというケースも実際にあります。

ただし、こちらのメリットは副次的なものであり、一時的に臭いがなくなっただけで、すぐに再発する人もいますので、ワキガの根本治療ではないことを覚えておきましょう。

電気脱毛(針脱毛)のデメリット

かつて主流だった電気脱毛がレーザー脱毛に置き換えられたのには、もちろん理由があります。

完全永久脱毛できる電気脱毛にも下記のようなデメリットがあり、必ずしも最適な脱毛方法ではなくなっているのが現状です。

  • 毛を生やさないと脱毛できない
  • 施術に痛みをともなう
  • 1回の施術時間が長い
  • 費用が高額
  • 施術者の技術力が影響する

これらのデメリットを許容できるかどうかが、電気脱毛での脱毛を選ぶための分岐になります。デメリットの内容について、それぞれ詳しく説明します。

毛を生やさないと脱毛できない

電気脱毛は生えている毛をピンセットでつまみ、針を毛穴に差し込むため、少なくとも2、3mm程度は毛が残っている状態でないと施術できません。

そのため、脱毛前には意図的に毛を伸ばす必要があります。

普段からこまめにカミソリなどでカットしてキレイな状態を保っている人は、施術までの期間に伸びた毛が気になるかもしれません。

メリデメ編集部

これはガマンするしかありませんので、気になる人は、脱毛前はできるだけ肌をさらさずに済むように、予定を組むようにしましょう。

施術に痛みをともなう

レーザー脱毛も痛いと言われていますが、照射範囲が広いため、痛みの回数が少なくて済みます。

しかし、電気脱毛は毛穴ごとに処置をするので、50本抜くだけでも50回痛い思いをすることになります。

脱毛する部位によって痛みに差がありますが、「泣くほど痛い」という口コミもあります。

クリニックで行う絶縁針脱毛の場合には麻酔を使ってもらえますが、エステサロンの場合は耐えるしかありません。

とはいえ、痛みの感じ方は個人差がありますので、まずはお試しで脱毛してもらい、耐えられそうにないなら別の方法での脱毛を選びましょう。

施術に時間がかかる

電気脱毛は1本ずつ毛穴に針を差し込むため、どうしても時間がかかり、一般的には1分で5~10本しか処理できません。

脇毛の本数は一般的に片方で1800本あると言われていますので、単純計算で180分もかかることになります。

1回で脱毛できる数には限りがありますので、1回3時間も施術をするというわけではありませんが、両脇となるとトータルで6時間もかかります。

他のムダ毛も処置するとなるとかなり時間がかかるのが容易に想像できるかと思います。このため、電気脱毛は時間に余裕のない人には適していません。

費用が高額

電気脱毛の費用は「1本あたりいくら」「5分あたりいくら」といった計算方法で、相場としては次のようになります。

料金体系1分あたり1本あたり
エステサロン100〜500円100円
クリニック300〜800円500円

最近は低価格でできる電気脱毛も増えてきましたが、それでもレーザー脱毛や光脱毛と比べると高額です。

1本あたり100円で計算したとして、150本抜くとなると1.5万円もかかる計算になり、クリニックの場合には血液検査も行いますのでさらに費用がかかります。

どの部分を脱毛するかによりますが、電気脱毛はレーザー脱毛の2〜3倍の費用が発生します。このため、大量の毛を脱毛するのにはあまり適していません。

施術者の技術力が影響する

電気脱毛は手作業での脱毛ですので、施術者の技術力が結果に大きく影響する脱毛法です。特にエステサロンでの施術は人によって腕の差が大きく違います。

技術力の差は施術中の痛みになって現れます。腕のいい人が施術すれば、痛みも最小限に抑えられますが、未熟な人が担当すると痛みが大きくなり、施術後も赤く腫れることも・・・。

エステサロンの施術者は国家資格を持っているわけではなく、講習を受けているといっても実務経験のほとんどない人が担当する場合があります。

電気脱毛は職人技術に近いものがあり、誰でも上手く施術できるわけではないというデメリットがあります。

電気脱毛(ニードル脱毛)をするときのポイント

電気脱毛は永久脱毛できるということで、徐々にニーズを取り戻しつつあります。

ただし、利用する前に2つのポイントがありますので、最後に確認しましょう。

  • 有資格者の施術を受ける
  • レーザー脱毛や光脱毛と組み合わせる

有資格者の施術を受ける

繰り返しになってしまいますが、電気脱毛は仕上がりや痛みが施術者の技術力に左右されます。

そのため、医師が施術をするクリニックか、有資格者のいるエステサロンで施術を受けましょう。

クリニックでの電気脱毛は費用が高額になりますが、医師が施術しますので安心して脱毛してもらえます。

エステサロンで施術を受ける場合には、国際ライセンスであるCPE(認定電気脱毛士)という資格を持っているかどうかを確認するべきです。

CPE(認定電気脱毛士)とは
  • 実務経験1年もしくは600時間を有し、実技であるCPE予備試験に合格した人
  • アメリカの電気脱毛ライセンスを取得後1年以上の実務経験がある

このいずれかの条件を満たしていないと受験資格がありませんので、CPEを保有しているということは、実績の証でもあります。

CPE保有者の施術であれば安心して任せることができますので、有資格者が脱毛してくれるエステサロンを選びましょう。

レーザー脱毛や光脱毛と組み合わせる

永久脱毛できる電気脱毛・レーザー脱毛、手軽にできる光脱毛にはそれぞれ一長一短があるので、組み合わせでうまく施術を受けることをオススメします。

STEP.1
レーザー脱毛か光脱毛を受ける
まずは、比較的安価に脱毛できるレーザー脱毛や光脱毛で広範囲を脱毛する。
ほとんど毛のない状態にまで持っていくことが理想です。
STEP.2
発毛状況を確認する
白髪やうぶ毛(細い毛)の場合は特に、脱毛効果が無く生え続けたり、何年か後に再び発毛することがあります。
STEP.3
電気脱毛を受ける
残った数少ない毛を電気脱毛で処理しましょう。

電気脱毛は施術を受けるとムダ毛が生えてこないので理想の脱毛方法ですが、残念ながら費用が高く、強い痛みをともなうため、たくさんの毛を脱毛するのには適していません。

レーザー脱毛も永久脱毛の効果がある上に、一度に施術できる範囲が広いですが、うぶ毛や白髪の脱毛ができないというデメリットがあります。

また、光脱毛は比較的安価ですが、永久脱毛「ほぼ近い」だけで、完全永久脱毛とは言えません。

これから脱毛をするというのであれば、どちらか1つに絞るのではなく、レーザー脱毛と電気脱毛を組み合わせた方が費用や痛みを抑えられるでしょう。

ニードル、レーザー、光脱毛を上手く使い分けよう

電気脱毛(ニードル脱毛)は、施術は痛みがともない、時間もお金もかかるというデメリットがあるため、レーザー脱毛や光脱毛に活躍の場を奪われています。

しかし、永久脱毛できる上に、うぶ毛や白髪などの脱毛も可能であるため、再び注目されるようになってきました。

効率よく費用も抑えながら永久脱毛をしたいのであれば、電気脱毛にこだわるのではなく、まずはレーザー脱毛である程度の毛を取り除いておき、仕上げに電気脱毛を行うようにしましょう。