除毛クリームのメリット・デメリットと正しい使い方や脱毛効果

除毛クリームを塗った男性の足

ムダ毛のお手入れにカミソリを使っていると、肌がカミソリ負けしませんか?

その上、思ったよりもきれいに仕上がらなくて、満足できないこともありますよね。

そんな方におすすめなのが、除毛クリームによるムダ毛処理です。

とはいえ、これまで除毛クリームを使ったことのない人は、いきなり「おすすめ」と言われても、安全なのか不安でしょうし、本当に効果があるのかも疑問に感じてしまいますよね。

そこで、ここでは除毛クリームの基礎知識やメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

除毛クリームによる除毛の仕組み

除毛クリームのメリットとデメリットをお話する前に、除毛クリームでなぜ除毛できるのか、その理由について説明しましょう。

人間の毛はタンパク質で作られており、除毛クリームにはタンパク質を分解処理する化学物質が含まれています。

製造メーカーによって含まれている化学物質の種類や配合に違いがありますが、いずれも毛を溶かして除毛するという原理は同じです。

どんな人の毛もタンパク質で作られているのは変わらず、そして化学的な反応を起こさせるわけですから、確実に毛を取り除くことができるというのが、除毛クリームの特徴です。

除毛クリームのメリット

さて、本題の除毛クリームのメリットを見ていきましょう。除毛クリームはカミソリでのカットや、他の脱毛方法と比べて下記のようなメリットがあります。

除毛クリームのメリット

  • 手軽に購入できる
  • 塗るだけで簡単に除毛できる
  • 短時間で効率よく除毛が終わる
  • カミソリで剃るよりも美しく仕上がる
  • 除毛後にチクチクすることがない
  • 価格が安い

これだけでは、メリットがしっかりと伝わらないかと思いますので、それぞれについて詳しく説明します。

手軽に購入できる

ドラッグストア
除毛クリームは医薬部外品で薬剤師が不在でも購入できるため、ドラッグストアだけでなくネットショップでも購入できます。

ドラッグストアで売られているということは、安全性も高いという点で安心して利用できます。

ただし、入手性の高いものは効果も弱い傾向にあり、しっかりと除毛したいという場合には、ネットショップなどで売られている、高価格帯の除毛クリームがおすすめです。

敏感肌用やVライン対応など、自分の肌質に合ったものや取り除きたい毛のタイプに合わせて最適な商品を選ぶことで、より高い効果を得ることができます。

塗るだけで簡単に除毛できる

除毛クリームは手に入れるのだけでなく、使い方もとても簡単です。

除毛クリームの使い方
STEP.1
除毛クリームを塗る
除毛クリームの使い方1
付属のヘラやスポンジで除毛クリームを塗ります。

塗るときのポイント
  • ムダ毛は1cm以下にカットしておく
  • 毛の根本までクリームを塗る
  • 毛が全部隠れるよう1~3mmの厚さに塗る
STEP.2
待つ
指定された時間待ちましょう。
待ち時間およそ5~10分の除毛クリームがほとんどです。
STEP.3
拭き取る
除毛クリームのやり方
タオルやティッシュ、付属のヘラやスポンジでクリームをふき取ります。
STEP.4
洗い流す
除毛クリームの使い方3シャワーでしっかりと洗い流しましょう。

MEMO
ここに文章

洗う時のポイント

  • こすり過ぎず優しく洗う
  • 除毛部分以外にも付いてしまっていないかチェックする
  • 洗った後、アルカリ性のローションは使わない

以上のように、必要な量を除毛したい箇所にスポンジやヘラを使って塗り、説明書に記載されている時間(5~10分)置いた後に洗い流すだけで終わります。

気をつけたいのは塗るときよりも洗い流すときで、しっかりと洗い流さないと肌に残った除毛クリームが悪さをすることがあります。

手についてしまった除毛クリームもきれいに洗いましょう。

その点だけ気をつければ、他の脱毛方法とも比べて簡単に除毛できます。

短時間で効率よく除毛が終わる

除毛クリームは待機時間が5~10分程度ですので、塗る工程と洗い流す工程を入れても、20分もあれば除毛が終わります。

エステサロンやクリニックのように通う必要もなく、家庭用脱毛器のように何時間もかかりません。

さらに、毛が抜けるまでに2週間以上かかるエステやクリニックでの脱毛とは違い、脱毛クリームだとその場ですぐに毛がなくなるので、すぐにキレイな肌が手に入るのも嬉しいポイント。

メリデメ編集部

石鹸で体を洗う感覚で、むらなくキレイに除毛できます。

カミソリで剃るよりも美しく仕上がる

カミソリと除毛クリームの断面図
除毛クリームはカミソリでカットするよりも、仕上がりが美しいというメリットもあります。

除毛クリームの場合には、毛穴の入口までクリームが侵入していき、毛の根元まで処理、毛先が丸くなるので毛の断面が見えにくいのです。

それに比べ、カミソリでカットした場合には、どうしてもムダ毛の断面が肌の表面に残ってしまいます。

このため、毛が濃い人の場合にはポツポツと黒い点が残って美しくありません。

キレイな仕上がりにするには1cm以下にカットしよう

毛が長すぎる場合には根元の毛が残ってしまうこともありますので、キレイに取り除きたい場合には、ムダ毛を事前に1cm以下にカットしましょう。

除毛後にチクチクすることがない

除毛クリームで溶けた毛は毛先が丸くなるので、カミソリでカットしたときのように仕上がりがチクチクすることがありません。

さらに除毛クリームによって、古い角質が溶かされているのも合わさって、肌がツルツルの状態になります。

自分で触ったときの感触が明らかに変わりますので、お肌のメンテナンスをしたあとのような満足感を得られるというメリットもあります。

価格が安い

ドラッグストアで売られている除毛クリームは、1,000円以下のものが多く、価格が安いというのも嬉しいところです。

どれだけの範囲を除毛するかによって使える回数は違いますが、一般的に3~4回は使えますので、1回の除毛で200~300円しかかかりません。

エステサロンでの脱毛は1回で1~2万円かかりますので、その差は歴然です。

エステサロンは「脱毛」で除毛クリームは「除毛」ですので目的も効果も違いますが、手軽に毛を取り除きたいという人には、この安さがとても魅力的です。

除毛クリームのデメリット

除毛クリームのメリットだけ読むと、すぐにでも除毛クリームを買いに行きたくなりますが、その前にきちんとデメリットも読んでおいてください。除毛クリームには下記のようなデメリットもあります。

除毛クリームのデメリット

  • 脱毛ではなく除毛なので定期的な処置が必要
  • 人によっては肌へのダメージがある
  • デリケートゾーンへの使用に適していない除毛クリームが多い
  • 臭いがきつい除毛クリームもある

デメリットの中にはとても重要なものもありますので、こちらも内容を詳しく説明します。

脱毛ではなく除毛なので定期的な処置が必要

ここまで「除毛」と「脱毛」という2つの言葉を使い分けてきましたが、除毛クリームでできるのは、毛を取り除く「除毛」です。

エステサロンやクリニックのような脱毛はできず、時間が経過すればカミソリでカットしたのと同じように、また毛が生えてきます。

このため、除毛クリームを使ってムダ毛処理をする場合には、定期的な処置が必要になります。

クリニックのレーザー脱毛なら、1年通うことで永久脱毛が可能できますが、除毛クリームでの除毛に終わりはありません。

このため、1回の処置でかかる費用が安くても、トータルで考えると、除毛クリーム代がかなり高額になることもあります。

また、除毛クリームでのお手入れを面倒に感じ、永久脱毛をしてしまうという人もいます。

人によっては肌へのダメージがある

除毛クリームはタンパク質を溶かすので、皮膚も溶かしてしまいます。

とはいえ、溶かしてしまうのは古い角質がほとんどで、すでにお伝えしましたように、むしろそのことで肌がツルツルになるというメリットがあります。

ただし、古い角質だけを取り除いてくれるわけではなく、多少なりとも新しい角質も溶かしてしまいます。

肌が強い人はそれほど問題にはなりませんが、敏感肌の人はこれによって、肌がただれてしまうこともあります。
出典:Yahoo!知恵袋

このため、人によっては除毛クリームを使うことが出来ないという点が、除毛クリームの1番大きなデメリットかもしれません。

デリケートゾーンへの使用に適していない除毛クリームが多い

除毛クリームは肌にも影響を与えるということで、商品によってはデリケートゾーンへの使用がNGになっているものが多いというデメリットもあります。

VIOラインと呼ばれるデリケートゾーンは刺激に弱く、使用可能となっているものでも炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

このため除毛クリームで除毛するのは、足や腕、脇の下といった比較的刺激に強い部分だけだと考えてください。

もしVIOラインでも使えるとなっていても、安全性を考えてVラインの除毛に使う程度にしておきましょう。

臭いがきつい除毛クリームもある

除毛クリームは、含まれている成分の関係で、どうしても鼻を突くような強烈な臭いがします。

臭いの原因になっているのが「チオグリコール酸カルシウム」で、ほとんどの除毛クリームでこの成分が使われています。

除毛クリーム独特の強い臭いを弱めるために、他の香りをブレンドしている除毛クリームもありますが、余計に気持ち悪くなってしまうこともしばしば・・・。

しかし、メーカーは匂いを消すための研究開発も進めており、最近の製品はそれほど不快にならないものも増えつつあります。

匂いに敏感という人は、購入するときにできるだけ試供品で臭いの確認をしておきましょう。

メリデメ編集部

口コミなども参考になりますので、Amazonなどで実際に購入した人の評価をチェックしておくのもおすすめです。

除毛クリームを使うときの注意点

ここまでメリットとデメリットについて説明してきましたが、最後に使用するにあたっては注意してもらいたい点がいくつかありますので、最後に使用上の注意点をまとめてご紹介します。

除毛クリームを使うときの注意点

  • 使用前にかならずパッチテストを行う
  • 用途を確認して、自分に適した除毛クリームを選ぶ
  • 保湿効果のあるものを選び、アフターケアもしっかりと行う
  • 一時的に毛を取り除きたいときに使う

使用前にかならずパッチテストを行う

除毛クリームを使うときに1番気をつけてもらいたいのが、自分の肌との相性です。

ここまで何度かお伝えしましたように、除毛クリームはタンパク質を溶かします。

これによって肌トラブルを起こしてしまう可能性がありますので、パッチテストをせずに除毛したい全ての部分に塗らないようにしてください。

まずは、除毛したい箇所の一部に少量の除毛クリームを塗り、説明書の手順に従って部分的な除毛を行います。

24時間経過して肌に特に問題がないことを確認したうえで、全体の除毛を行いましょう。

もし赤くなったり、炎症を起こしたりした場合には、相性が悪い可能性があります。

もったいないですが、その除毛クリームは諦めて別の除毛クリームで試してみましょう。

せっかく買ったものをムダにしないために

割高でも、最初はできるだけ少量で購入することをおすすめします。

用途を確認して、自分に適した除毛クリームを選ぶ

除毛クリームには「Vライン用」「敏感肌用」「産毛用」など、いくつかの種類があります。

購入するときには、その除毛クリームがどのような毛の除毛に適しているのかを確認した上で、自分の用途に適した商品を選ぶようにしましょう。

注意書きも読むこと!

全身用と書かれていても、注意書きをよく見るとデリケートゾーンでの使用がNGになっていることもありますので、面倒でもきちんと注意書きまで確認しておきましょう。

保湿効果のあるものを選び、アフターケアもしっかりと行う

除毛クリームで除毛したときには、多少なりとも肌に刺激を与えることになります。

このため、除毛クリームを選ぶときには、最初から保湿成分の含まれた商品を選びましょう。

また、除毛しながら古い角質も溶かしていますので、その肌は刺激に弱く、きちんと守ってあげなくてはいけません。

メリデメ編集部

除毛クリームの保湿成分だけに頼るのではなく、化粧水や乳液などを使ってアフターケアもしっかりと行ってください。

ここでしっかりとケアをしておけば、肌の美しさが長く続きますので、除毛とアフターケアはセットだと考えておきましょう。

また、除毛直後は肌が弱い状態にあるので、日焼けしないように気をつけましょう。

紫外線の強い時期はきちんと日焼け止めを塗り、紫外線対策をしっかりと行ってください。

十分な睡眠時間を確保することも肌の回復に効果がありますので、除毛から数日間は体を休めるように心掛けてください。

一時的に毛を取り除きたいときに使う

除毛クリームは「除毛」であって「脱毛」ではありません。

永久脱毛のように完全に毛が生えてこなくなるわけでもなく、光脱毛のように毛が薄くなることもありません。

カミソリでカットするよりも美しく仕上がりますが、いずれまた生えてきます。

頻繁に何度も除毛クリームを使っていると肌にも負担をかけてしまいますので、一時的に毛を取り除きたいときに使うのがおすすめです。

ムダ毛を取り除きたいならレーザーや光脱毛を!

毛を取り除きたいというのであれば、多少お金はかかってもエステサロンやクリニックでの脱毛を選びましょう。

レーザー脱毛と光脱毛を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

医療脱毛医療脱毛のメリット・デメリット!光脱毛とレーザー脱毛おすすめはどっち?

まとめ

除毛クリームは、とても安価・手軽で、エステやクリニックの脱毛と違いすぐにムダ毛がないスベスベの肌になります。

また、毛の断面が目立たないのも除毛クリームのメリットです。

ただし、肌トラブルを避けるために、使用する前にパッチテストをして自分に最適な商品を選ぶということを忘れないようにしましょう。

エステやクリニックでの脱毛と共通しますが、アフターケアと合わせて行い、きれいな肌を手に入れましょう。