フリーランス(個人事業主)のメリットデメリット!正社員と比べた結果

フリーランス

正直毎朝早く起きて、満員電車に揺られ、会社では仕事や人間関係でストレスがたまる。

そんな状況から抜け出したいとおもったり、副業が上手くいき本業の収入を超えた時などに、独立という選択肢を思い浮かべる人も少なくないはずです。

しかし、実際に独立をしてフリーランスになるということは、これまでサラリーマンとして得てきた恩恵を捨てなければいけないことも沢山あります。

そこで、正社員であるサラリーマンと比較して、独立をしてフリーランスになる場合にはどのようなメリット・デメリットが存在するのかを紹介します。

実際に、フリーランスとして独立してみないとわからないことも多いので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランス(個人事業主)とは?

フリーランスとは、会社や組織に属さずに個人で自由に働く人たちのことです。

「個人事業主や自営業と何が違うの?」と思う人もいるかもしれませんが、基本的にフリーランスと個人事業主や自営業は全て同じと思ってもらっても問題ありません。ただ呼び方が違うというだけなのです。

フリーランスでは主に、プログラマー、カメラマン、ライター、エンジニア、デザイナーと言った分野で仕事している人が多く、自分の作品や商品を売ったり会社や組織と自由に契約をする形で仕事をしています。

そのためフリーランスには、有給休暇や毎月の決まった給料などが存在せず、休みは全て自分でスケジュールを組み仕事をした分だけ収入を得ることができるのです。

自由と言えば自由ですが、全て自分で選択をして決断をしないという面もあります。

フリーランスのメリット

ここからは、フリーランスには正社員と比べてどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。基本的には自由であることや誰かに雇われているわけではないという面が大きくなっているので、現在の正社員としての働き方と実際に比べてみると分かりやすいかと思います。

頑張った分だけ収入を得ることができる

給料

 

フリーランスは、仕事を頑張った分だけで収入を得ることができます。

そのため、時にフリーランスの収入は正社員と比べて青天井だと言われることもあるくらいなので、自分の働きが収入に直結していると言えるでしょう。

正社員だと、自分の収入を増やすためには副業を始めるか、給料を上げてもらうか残業を増やすなどの選択肢しかありません。

しかしフリーランスであれば、受注している仕事の単価を交渉したり、自分の商品やサービスを売り出すことで、正社員と比べると収入を上げやすい面もあります。

つまり、フリーランスは正社員よりも頑張った分だけ高い収入を得ることができるのです。

自由に仕事場所を選べる

カフェで仕事
最近ではリモートワークなどを導入する会社も少し見かけるようになりましたが、実際のところ圧倒的に出社をする会社の方が多いのが現状です。

そのため正社員であれば毎日決まった場所(会社)に出社をする必要があります。

しかし、多くのフリーランスはパソコンがあれば仕事をすることが可能なので、自宅やカフェ、コワーキングスペースなどといった仕事をする場所を自由に選ぶことができます。

もちろん、毎日働く場所を変えることができるので、常に旅をしながら仕事をすることもできますし、逆に正社員のように毎日コワーキングスペースに通うといった方法も選択することが可能です。

好きな時間に仕事ができる(納期は厳守)

時計を見る男性
フリーランスは自由に仕事場所を選べると同時に、自由に好きな時間に仕事をすることができるのです。

基本的には契約をした仕事については納期が定められているので、納期までに仕事をすれば問題ありません。そのため夜型の人であれば夕方や夜から仕事ができますし、朝早く起きて午前中や日中には仕事を終わらせることも可能となっています。

もちろん、納期を守ることは仕事をする上で当たり前なのですが、決まった時間に決まった場所に出社をする必要がないので、自宅で働けば出社や退社などの時間を削減して働くことができます。

働く・働かないが自己裁量で決められる

正社員であれば、上司から与えられた仕事は必ずやらなければなりません。

しかし、フリーランスであれば仕事を契約する前であれば、その仕事をするのかしないのかを全て自分で決めることができます。

そもそもフリーランスの場合は、その月やその週に働くのか働かないのかを選択することもできるのです。もちろん働かなければ収入を得ることはできないのですが、十分な貯金や仕事を貰えるクライアントがいれば働かない(休暇)という選択を選べてしまうのです。

働かなければ収入を得ることができないという面もありますが、自分の体調や気分で働く・働かないを選ぶことができるのがフリーランスです。

社内政治に気を使わなくていい

フリーランスは会社に所属をするわけではなく、仕事だけで契約をしているため社内政治などの人間関係を気にする必要がありません。

組織に属するのであれば、社内政治などの人間関係をしっかりしておかなければ、自分の出世や昇給に影響する可能性もあります。

しかし、フリーランスは仕事という面だけで契約をしているので、そもそも社内政治は関係ありませんし、クライアントと合わなければ仕事の契約を辞めるという選択もできるのです。

嫌いな人と働かなくていい(ストレスが溜まらない)

フリーランスは、仕事を自由に選ぶことができるので、どのようなクライアントや人を働くことを選ぶことができます。つまり合わない人や嫌いない人と働く必要がないということになります。

正社員だとどうしても、嫌いな上司、合わない同僚と少なくとも1年以上は一緒に働く必要があるのに対して、フリーランスは合わないと思えば始めから働かないという選択を選ぶことができるということです。

働く日や休日を自由に設定できる

会社で働く場合は、基本的に土日が休日となりそれ以外の曜日が平日で働くことが多いでしょう。

しかしフリーランスは、土日や祝日に働いたり、平日に休みを取ったりと、働く日と休日を自由に設定することができます。

そのため、平日の人が少ない時間に買い物や食事に出かけたり、平日限定割引などのサービスを最大限に活かすことができるのです。

もちろん自分の仕事の裁量加減で休みを自由に設定できるので、友達や彼女、家族との休みに合わせることができるというメリットもあります。

育児にコミットできる

フリーランスは、働く時間を自由に設定できるので正社員では難しい育児にコミットできます。

例えば、奥さんが働いている間は自分が面倒を見たり、こどもを寝ている時に仕事をしたりと、奥さんに掛かる負担を軽減することも可能です。これは仕事量を状況に合わせて調整できるフリーランスだからこそと言えるでしょう。

もちろん、こどものそばで将来のことを考えたりと、正社員に比べると出来ることや考えることがかなり自由になるというメリットもあります。

家賃の半分を経費にできる

フリーランスは、家で働く人限定ですが家賃の半分を経費として計上することが可能です。

正社員だと家で副業をしていない限り、家賃を経費にすることが難しいでしょう。

もちろん家賃以外にも仕事道具であるパソコンやプリンターやインクなど、仕事で使うものであれば経費として計上することがフリーランスにはできます。

そのため、節税という面では正社員よりもフリーランスの方が大きく活かすことができるのです。

フリーな分友好関係が増える

正社員だと、会社や職場での人間関係がほとんどのため、友好関係もその範囲でしか増えることがありません。

フリーランスの場合だと、利用したコワーキングスペースやイベント参加時、SNSやオンラインサロンなどのコミュニティから幅広い有効関係を築くことが可能です。

もちろんフリーランス同士だけではなく、正社員や経営者、さらには地域の人など多くの職種の人と関わる機会があるので、その分友好関係も広くなるのです。

フリーランスのデメリット

フリーランスのメリットがあるように、当然ながらデメリットも存在します。

人によってメリットがそのままデメリットになることも多く、自由過ぎるために選択することの大変さがあるのです。

ではここからフリーランスにはどのようなデメリットがあるのかを紹介していきます。

収入が安定しない

ボーナス・主婦
フリーランスは、毎月の決まった収入というものがないため収入が安定しないというデメリットがあります。

例えば、急にクライアントから仕事を打ち切られたり、支払い側の都合で支払いが遅れたりと、正社員と比較すると収入が安定しないため常に仕事やお金のことが頭について回ります。

そのためフリーランスとして独立するためには、安定した仕事くれるクライアントや稼ぐための手段を持っておく必要があるのです。

社会的信用の低下

フリーランスは、社会的信用がほとんどないと思っても問題ないでしょう。

正社員では当たり前である、クレジットカードの申し込み、ローンの申し込み、賃貸の契約などが、信用が低いために非常に難しくなるのです。

これはやはり、収入が安定していないことが大きく影響しているのと、日本でのフリーランスという印象がいまだに不安定というイメージを強く持っている人が多いことが、影響しているためです。

そのため、時にフリーランスは社会的信用が低いために、必要以上の貯金や資産を証明したりすることが必要な場面もあるのです。

将来に対する不安が大きい(安定しない)

現在では、大手と言われた企業が倒産することもあったり、AIやロボットの進出により正社員も仕事を失う可能性が考えられますが、それ以上にフリーランスの将来に対する不安は大きいのです。

もしクライアントの業績が傾いてしまうと、同時に自分の収入も減少へ繋がりますし、現在自分のやっている仕事がこの先10年後に存在しているかはわかりません。
そして、翌年からは満足な収入を得ることが難しくなる場合もあるのです。

そのため、会社が倒産しない限り食べていける正社員に比べて、フリーランスは仕事がなくなると自分の収入に直結してしまうので、将来に対する不安が大きくなるデメリットが存在するのです。

体調やスケジュールをしっかり管理しなければならない

フリーランスになると、健康や体調管理が必要となり、仕事のスケジュールもしっかりと自分で管理することが重要となってきます。

特にフリーランスには有給などが存在しないので、休んだ分だけ収入が減ってしまうのです。もちろん体調を崩すと仕事ができない日が増え、納期が遅れてスケジュール管理をやりなおすことが必要となります。

そのため、全て自分で管理することができなければ、フリーランスとして順調に仕事をしていくことは難しくなってしまうのです。

営業ができなければ稼ぐことは難しい

会社で働いていると、与えられた仕事をこなすだけで給料をもらうことができますが、フリーランスだと仕事を得る営業ができなければ、収入を得ることができません。

つまり、営業ができなければフリーランスは稼ぐことが難しいということです。

当たり前かもしれませんが、それが分からずに独立して失敗する人もいるのは事実です。そのためフリーランスは、インターネットやSNS、人脈などを駆使して仕事を得る場面もあるのです。

集客から経理まで全部自分でやらなければいけない

もしフリーランスが、自分の商品やサービスを提供する時には、自分から集客をかけたり発生した利益や税金などの経理を自分で行う必要があります。

正社員であれば、そのうちの営業や経理といった一部だけを行なうことがほとんどですが、フリーランスの場合は、営業から作業、請求書の発行や経理など全てを、自分で行う必要があるのです。

収入に余裕や人脈が広がると、外部に委託をすることも可能

しかし、フリーランスでも収入に余裕がでると、確定申告などを税理士に委託することができ、負担を減らすことができます。

そしてある程度人脈があれば、自分の仕事が手一杯となった時でも、外部に自分の仕事を委託することもできるのです。

そのため、一概にフリーランスは全てを自分でやる必要はなく、外注化できるものは外注したほうが時間や効率面からも考えて有効的な場合もあるのです。

厚生年金がない

フリーランスには厚生年金がないため、正社員と比較すると貰える年金が少なくなります。

そのため将来のことを考えると、確定拠出年金(iDeCo)への加入を検討する必要があったり、貰える年金が少ない代わりに必要以上の貯金を貯めておくことも必要になるかと思います。

やはり国民年金だけの加入となると、不安がどうしても大きくなるのでフリーランスは老後の計画まできちんと立てる必要があるのです。

正社員とフリーランスはどっちが良いか

ここまで正社員と比較した時の、フリーランスのメリットデメリットを紹介してきました。

フリーランスと正社員どちらが良いのかという議論が、たまに行われることもありますが基本的に会社員もフリーランスも働き方の一つであることには変わりありません。

そのため、仕事をすることで自分が何を得たいのか、どのように働きたいのか、何がやりたいのかを見つけていくことが必要となります。

ただ、やったことないことを自分で決めていくとのは非常に大変な選択となります。

そこでここからは正社員とフリーランス、それぞれどのような人におすすめなのかを紹介していきます。

正社員がオススメの人

正社員がオススメな人は、安定した収入や社会的信用、規則がある方が楽と思う人です。

もちろん他にも、営業が苦手だったり、決められたルーティーンワークをこなしたいという人にもオススメです。
ただ、どうしても収入面では昇給を望んで頑張ったとしても限界があり、フリーランスと比べると劣ってしまいますが、最近では副業という手もあります。

本業+副業での収入を得ることができれば生活はかなり楽になりますし、本業での収入があるので副業で少しリスクを取ってもチャレンジできる強みも正社員にはあります。

しかし、職場で副業が禁止をされている場合には副業を行なうことができないので、事前に就業規則などを調べておく必要があります。

フリーランス(個人事業主)がおすすめの人

フリーランスがオススメな人は、正社員よりも稼ぎたく、自由に使える時間を増やしたいと思う人です。他にも正社員が向いていなかったと思う人や、自分の力やスキルを存分に活かして仕事をした人におすすめです。

特にフリーランスとして仕事が軌道に乗れば、収入を得ると同時に自由に使える時間も増えるので、自分のために使える時間を増やすことができます。

ただメリットデメリットでも紹介してきた通り、スケジュール管理や自己管理、営業から作業まで全て自分で行える人におすすめです。

それと時間が使えるという点では家族との時間を大切にしたい人も、フリーランスを選ぶと良いかもしれません。

不安ならリモートワークという考え方も増えてきている

時間を自由に使えることがフリーランスの強みではありますが、正直なところ独立するというのは大変であることは変わりありません。

そこで最近では、リモートワークで働ける職場も増えつつあります。

まだ数は少ないのですが、以前よりも比べると導入する会社も増えてきているのです。

そのため正社員でいながら、働き方や働く時間をある程度自由にするために、リモートワーク可能な会社への転職も一つのです。

どうしてもITやWEB系、リモート枠可能な職種に限られてはしまいますが、検討してみることをおすすめします。

技量に自身があるならクラウドソーシングで仕事を探すのもあり

現在正社員だけど、フリーランスとして挑戦してみたいけど仕事を辞めるのは怖いという人は、副業でクラウドソーシングを使って仕事を探してみるのもありです。

クラウドソーシングとは、ランサーズやクラウドワークスをはじめとする、仕事のアウトソーシングを行なう仲介企業となります。

仕事を発注したいと思う会社や個人がクラウドソーシング上で募集を行ない、フリーランスや副業を行なう人たちがその募集の中か条件に合うものを探して、仕事を得ることができるものとなっています。

仕事の契約から報酬の受け取りまで、全てクラウドソーシング上で行うことができるので、とりあえず挑戦してみようと思う人にはおすすめです。

フリーランスはあくまでも働き方のひとつ

フリーランスのメリットやデメリットを紹介してきましたが、フリーランスは働き方のひとつでしかありません。

そのため、正社員が向いていると思う人は正社員を選び、フリーランスに挑戦してみたいと思う人や向いていると思う人はフリーランスを選ぶと良いでしょう。

もちろん、フリーランスで頑張れば稼げるといっても誰もが稼げるわけではありません。やり方や時代の流れが合わない時には、生活費すら稼げない可能性もあるの

しかし、フリーランスとして成功することができれば、正社員以上の収入と自由に使える時間が手に入ることは事実です。

社会的信用という面では圧倒的に会社員の方が優遇されていますが、フリーランスもきちんと稼いでいることが証明できれば大差がなくなることもあります。

そのため、どちらの働き方をすれば自分が欲しいものが手に入るのか、理想の生活を実現することができるのかを考え、選ぶと良いでしょう。