定額制飲み放題ウォーターサーバーのメリットデメリット!契約は得か損か

定額制ウォーターサーバー

一般的にウォーターサーバーと聞くと、自宅に大型・小型のサーバーを設置し、ボトルは宅配にて交換する方式をイメージするのではないでしょうか。

ボトルは繰り返しに使用されていて雑菌が気になるという方や、家族が多くてたくさん水を飲むからコストが高いためにウォーターサーバーを諦めている方も多いでしょう。

実はウォーターサーバーには、定額料金でなおかつ美味しい水が飲み放題のものもあるんです。ですが、まだまだ飲み放題ウォーターサーバーについて疑問に思うことも多いところです。

ここでは、ウォーターサーバーを利用したことのない人は通常の水道と比較してどのようなメリットがあるのか、ボトル交換型を契約している人は浄水機能はボトル交換方式と同じ性能なのかなど、定額料金で飲み放題のウォーターサーバーについてそのメリットやデメリットを紹介します。

定額制で飲み放題のウォーターサーバーとは?

定額制ウォーターサーバーとは
通常ウォーターサーバーと聞くと、機械の上にボトルが刺さっているものを想像しますよね?しかしボトルをその都度購入しなくてはいけないので定額制とはいえません。

まずは定額制のウォーターサーバーとはどういったものなのかについて紹介します。

定額制のウォーターサーバーとは
水道水をウォーターサーバーに内蔵されている浄水機能(フイルター)でろ過し、不純物を抑えた状態で飲むことができる機械のことです。水を購入する必要がなく、月々の費用は機械(サーバー)のレンタル代のみとなります。

定額制ウォーターサーバーは2種類

  • 水道直結型
  • 給水タンク型

水道直結型

水道直結型ウォーターサーバー
水道直結型は設置場所の水栓や水道管を延長し、ウォーターサーバーに繋げるタイプの機種のことを指します。

先ほどもお伝えしたとおり、内蔵されている浄水機能(フイルター)で水道水をろ過してくれます。ろ過性能は機種によって違います。

ウォーターサーバー浄水の仕組み

そのため宅配型のウォーターサーバーと同じように、いつでもろ過された水を飲むことができ、水道から水を供給するので水がなくなる心配がありません。

給水タンク型

ウォーターサーバー給水タンク型

給水タンク型は、給水タンクに水道水を補充することで使用できる機種で、近くに水源(水栓)などが無いところでも設置できるサーバーです。

女性でも運びやすいように小型のタンクで下の方に設置できるようになっています。設置場所が限られているオフィスなどの業務用で使用されることが多いです。

定額制ウォーターサーバーの料金の仕組み

定額制ウォーターサーバーは水を購入する必要がないので、水道代以外に以下の費用が必要です。

  • サーバーレンタル料金(定額)
  • 初期費用(主に設置工事費用など)
  • 定期メンテナンス費用
  • 修理や保証費用
  • フィルター交換など
  • フィルター交換などの定期メンテナンス費用や修理費は月額料金に含まれているため追加料金が発生することはありません。

    また、初期費用は設置代として通常4,000円から10,000円程度かかりますが、会社によって定額料金に含まれていたり、自身で工事を行うのを条件に割引になったりするプランもあります。

    設置方法

    水道直結型ウォーターサーバー
    水道に直結する方法は、まず室内の水道管の場所を探し、延長工事を業者が行います。そして、延長パイプを水道管と接続して、一方をウォーターサーバーへ接続するだけです。

    設置工事は基本的に全て業者が行いますが、延長したパイプが生活導線の邪魔にならないよう業者と相談するようにしましょう。

    宅配水ウォーターサーバーとの違い

    宅配ウォーターサーバー
    宅配水ウォーターサーバーと定額制ウォーターサーバー違いを説明するために、まずは宅配水ウォーターサーバーの特徴を見てみましょう。

    宅配水ウォーターサーバーの特徴

    • ボトル交換が必要
    • ストックを置いておくスペースが必要
    • 天然水かRO水か選べる

    すぐに冷水や温水が出る点では宅配水と定額制とも同じですが、宅配水ウォーターサーバーはボトルから水を供給するため、なくなればボトルの交換が必要になります。

    いつでも水を切らさないように、ストックを置いておかないといけなかったり、次のボトルを注文しなくてはいけないといった手間もあるため、常に水の量を気にしなくてはいけません。

    また、予備の新しいボトルへ交換するときは、水の入った重たいボトルを持ち上げなくていけないので、女性には結構重労働ですよね。

    定額制ウォーターサーバーならこういった水の量を気にせず交換の心配もいりません。

    一方で水の味や種類に関しては宅配水ウォーターサーバーの方がまだ勝っています。宅配水にはミネラルが豊富な天然水とRO水(純水)両方あるため、自身の好みで選ぶことができるのが特徴です。

    浄水器との違い

    浄水器
    クリンスイなどの蛇口直結型浄水器もウォーターサーバーもフィルターを通して水道水を浄化するという点では同じです。

    そのため水道直結型ウォーターサーバーは浄水器として扱われることもあります。

    浄水器にも蛇口直結型や据え置き型、アンダーシンク型など種類は様々ですが、初期費用として安いもので10,000円前後から高いのだと10万円超えるものも。

    初期費用は高めですが、あとは自身で1年〜2年に一度フィルター交換をするのみですので、維持コストがとにかく安いのが特徴です。

    機能性の違い

    ウォーターサーバー機能
    それだったら蛇口直結型浄水器でいいのでは?と思ってしまいますが、ウォーターサーバーといえば温水や冷水がすぐに出せることです。浄水器にはその機能はありません。

    このように冷却や加熱機能など様々な機能が付いているのがウォーターサーバーです。

    水の質の違い

    浄水器とウォーターサーバーの2つ目の違いとしては、水道水の浄化度合いです。

    しかし、浄水器で使用されているのは中空糸膜(ちゅうくうしまく)タイプが基本で、これでも十分水道水は浄化されますがミネラルなど硬度は多少残ります。

    中空糸膜(ちゅうくうしまく)

    中空糸膜

    一方で、ウォーターサーバーでも様々な種類のフィルターが使用されている機種があり、その中には中空糸膜(ちゅうくうしまく)タイプよりも濾過性能が高い、RO膜(逆浸透膜)タイプのフィルターを使用している機種を選ぶことができるため、水道水を限りなく純水(ピュアウォーター)にすることができます。

    RO膜(逆浸透膜)

    ウォーターサーバーのフィルター

    RO膜(逆浸透膜)タイプのフィルターで浄化した水は水道水を軟水にしてくれるので、いつでも赤ちゃんのミルク作りや日々のお料理に安心して使えるという点では大きなメリットではありますが、レンタル料金は他の機種より少し高めというデメリットもあります。

    メリデメスタッフ
    自分でメンテナンスするのが面倒、月々の費用を抑えたいという方は中空糸膜(ちゅうくうしまく)フィルターを使用している浄水器と同じようなお水をつくる定額制ウォーターサーバーのレンタルが低価格でおすすめです。

    料金比較

    定額制・宅配水・浄水器のそれぞれの料金を比較してみましたので目安にしてみてください。

    費用定額制宅配水浄水器
    水代水道代12L/1,050円〜水道代
    サーバーレンタル料2,980円〜0円〜1,100円0円
    電気代600円〜800円527円〜1,000円無料
    初期費用0円〜10,000円0円〜10,000円〜

    上記はあくまで目安なので参考にし、詳しい料金は各ウォーターサーバー会社の公式ページなどで調べるようにしましょう。

    宅配水の場合、上記の費用以外に配達料が発生する場合があります。また、定額制、宅配水ともにプランによっては解約手数料が10,000円程度発生します。

    定額制ウォーターサーバーはこんな人におすすめ

    定額制ウォーターサーバーはこんな人におすすめ
    定額制ウォーターサーバーは以下のような方にとてもおすすめです。

    • 毎日コンビニで水を買う
    • 宅配水に不便を感じる
    • 赤ちゃんやペットがいる
    • 家族が3人以上いる

    毎日コンビニで水を買う

    毎日出勤前やランチ時にコンビニで飲料水を購入していませんか?お茶やジュースを楽しみたいという方は別ですが、水道水が美味しくなくて毎日水を購入しているという方は、少なくとも月額5,000円近く支払っていることになります。

    定額制ウォーターサーバーなら安くて2,480円から美味しい水が飲み放題です。ペットボトルといったゴミも発生しません。

    外出時もマイボトルに入れて持ち歩くことができますし、自宅でいつでもおいしい水が飲めます。

    宅配水に不便を感じる

    宅配水 注文
    現在宅配水のウォーターサーバーを利用している人も多いすよね。宅配水は必要な分だけしか毎月費用がかからないので経済的なイメージがありますが、以外とデメリットの方だ多かったりします。

    例えば、お水屋さんは自宅まで水を運んできてはくれますが、交換まではしてくれません。12Lの水が入った重たいボトルを自分で持ち上げて交換しなくてはいけないので女性には辛い作業です。

    また、ストックで何本かボトルを置いていると、その分キッチンなどのスペースが狭くなってしまったり、注文を毎回しないとけないといった手間もあります。

    家族の人数が多く、ボトル沢山を購入するという人は費用がかさむ上にボトルの交換や置き場所に困ることが多いのです。

    赤ちゃんやペットがいる

    赤ちゃんのミルク ウォーターサーバー
    赤ちゃんのミルク作りも大変です。

    水道水を毎回沸騰させて殺菌したきれいな水で作るわけですが、沸騰には時間かかりますし、ミルクが出来上がっても冷ますまでに時間がかかります。

    ウォーターサーバーなら、冷水と温水両方出るので、温度の調整が簡単にできます。赤ちゃんにもママにも大助かり間違いなしです。

    また、大切な家族の一員でもあるペットにも美味しい水をあげたいものですよね。

    水道水にはそのままでも問題有りませんがミネラル分が含まれています。ミネラルはペットの消化にあまりいいものではありません。

    そのためペットの体調を見て水道水が合わないようならRO水を与えるようにすることも必要です。

    家族が3人以上いる

    定額制ウォーターサーバー家族
    毎日お店で安心安全なお水を買っていても、家族みんなで飲んだり、お料理に使ったりするとあっという間になくなってしまいます。

    こんな時こそ、飲み放題の定額制ウォーターサーバーが経済的です。量を気にする必要はありません。

    反対に、一人暮らしなどそんなに水を使わないという方には定額制ではなく宅配水のほうが経済的です。

    定額制で飲み放題のウォーターサーバーのメリット

    定額制ウォーターサーバー メリット
    定額制で飲み放題のウォーターサーバーのメリットについて紹介します。

    メリット
    • 定額制で追加料金がかからない
    • ボトル交換不要
    • 経済的
    • 定期的にメンテンナンスをしてくれる

    定額制で追加料金がかからない

    定額制ウォーターサーバーは、毎月サーバーのレンタル料金のみを支払います。

    そのためボトル交換型のウォーターサーバーと違い、水を使い切ることでボトルを追加注文し、追加料金が上乗せされることはありません。

    また、水道料金や電気代は掛かりますが、ウォーターサーバーを使用しなくとも水道は使用する必要性があるものですので、新たに大きなコストとはなりにくいです。

    定額制ウォーターサーバーのレンタルサーバー代は、水道直結型で大体毎月3,980円〜9,000円とレンタルする機種やプランによって料金が異なります。

    一見すると高めに感じますが、定額制ですので通常の宅配型ウォーターサーバーのようにボトルを追加購入するだけで1本辺り1000円台上乗せされることもありません。

    メリデメスタッフ
    毎月の利用料金に大きな変動なく使用できるのは、費用計算しやすいなどのメリットもあります。

    ボトル交換不要

    ボトル交換不要
    水道直結型のウォーターサーバーはボトル交換が不要のため、女性には辛い重いボトルを自身で持ち上げ空ボトルと交換する手間がありません。

    また、空ボトルやボトルを収納しておくスペースを確保しなくていいというメリットも得られます。

    ウォーターサーバーを自宅に設置したいけど、何本もボトルを置いておくスペースはなくて困っている方は、ウォータースタンドがおすすめです。

    経済的

    定額制ウォーターサーバー メリット
    定額制ウォーターサーバーを利用して、メリットを感じるケースは毎月水の使用量が多い方や、家族が多い世帯、その他複数人で使用する環境がある場合にお得です。

    ボトルを追加料金がないため、料理や飲用水・家庭菜園、その他何かしら水を使用する場合でも使いすぎて使用料金が増えてしまった!といったことはありません。

    もちろん水道料金は使用した分かかりますが、1本辺り(7Lや12L)のボトル式料金の方がコスト的に高い傾向にあるため、定額制のウォーターサーバーに利用メリットがあるでしょう。

    定期的にメンテンナンスをしてくれる

    ウォーターサーバーのレンタル料金には、メンテナンス費用も含まれており、定期的にメンテナンスやフィルター交換を行ってくれます。

    例えばウォータースタンドなら半年に一度、専門のスタッフがフィルター交換やパーツごとにしっかりと洗浄をしてくれます。

    このようなメンテナンスに別途料金がかかることはありません。また、通常使用で故障した場合や長期使用による経年劣化でも追加料金無しで対応してもらえます。

    こうしたアフターフォローも月々の料金に入っているのは安心ですよね。

    定額制で飲み放題のウォーターサーバーデメリット

    定額制ウォーターサーバー デメリット
    定額制で水の量を気にせずきれいで美味しい水が飲み放題の定額制ウォーターサーバーですが、以下のようなデメリットもあります。

    デメリット
    • 水の使用量が少ないと損をする
    • 初期費用や解約金が必要な場合がある
    • 災害時に使用できない

    水の使用量が少ないと損をする

    定額制ウォーターサーバーは、毎月の使用量が少ない場合は、ボトル交換型よりも割高になる可能性もあるので注意です。

    宅配型ウォーターサーバーはサーバーレンタル料金が無料か安い代わりに必要な分だけボトルを購入するシステムですが、定額制の場合はあまり使用しなくても毎月同じレンタル料金+電気代がかかります。

    そのため、一人暮らしでウォーターサーバーの使用頻度に限界がある場合や、水を使用する頻度の少ない方はかえって割高になる可能性も考慮しておきましょう。

    初期費用や解約金が必要な場合がある

    水道直結型のウォーターサーバーは既存の水道管を分岐させて延長パイプを繋げ、ウォーターサーバーへ供給します。

    水道から分岐する管を取り付けるもので大掛かりな工事ではありませんが、大体4,000円から10,000円程度の初期費用がかかることも頭にいれておきましょう。

    しかし、キャンペーンなどで無料でおこなってくれるところもあるので、初期費用を抑えたい方はそういった所を選んでもよいでしょう。

    また、定額制で月々安くおいしい水が飲み放題の代わりに、解約時に10,000円〜20,000円の解約金が発生することがあります。これが設置撤去代として請求されることが多いです。

    災害時に使用できない

    水道直結型の定額制ウォーターサーバーは、内蔵タンクはあるもののボトルなどのストックがないため、災害時に水道が止まると使用出来なくなります。

    そのためウォーターサーバーの利用目的の1つに、災害時の備蓄用水として活用しようと考えている方にとってはデメリットです。

    おすすめの定額制ウォーターサーバーBEST3

    ここでおすすめの定額制ウォーターサーバーを紹介します。

    これからウォーターサーバーの契約を考えている方や宅配水から定額制への乗り換えを考えている方は是非参考にしてみてください。

    ウォータースタンド(WATERSTAND)

    ウォータースタンド

    ウォータースタンドの特徴

    • 初期費用・メンテナンス代追加料金なし
    • サーバー機種の種類最多
    • 省エネモードで電気代が安い
    • 長期割引あり
    月額費用最安2,480円〜初期費用0円〜※
    対応エリア全国メンテナンス0円〜
    RO膜チャイルドロック
    省エネモード給水ボトル型

    ※地域によっては設置費がかかる場合があります。

    定額制ウォーターサーバーといえばウォータースタンドです。

    通常プラン月々3,980円から高機能浄水サーバーの水が飲み放題で、しかも初期設置費用やメンテナンス料金も全てレンタル料金に含まれているので追加料金が発生しません。

    さらにRO水フィルターを使用している純水が飲み放題のプレミアム機種も月々5,980円から利用できます。

    また、卓上タイプから床置きタイプ、冷水や温水だけでなく常温水で飲める機種もあったりと、10種類以上のサーバーの中から自分に合った機能や予算から選べるため人気です。

    \CM中!おいしい水が飲み・使いたい放題/

    ダイオーズ

    ダイオーズ

    ダイオーズの特徴

    • ミネラル水と純水が選べる
    • 多機能
    • フィルターは自分でらくらく交換
    月額費用最安2,980円〜初期費用10,000円
    対応エリア全国メンテナンス自動のため不要
    RO膜チャイルドロック
    省エネモード給水ボトル型

    ダイオーズはもともとオフィス向けのウォーターサーバーやコーヒーメーカーのレンタルサービスを行っていた会社で、創業50年と歴史と信頼が高い会社です。

    初期費用として設置月に10,000円かかってしまいますが、月額料金は2,980円〜と安値でレンタルできます。

    そんなダイオーズの定額制ウォーターサーバー「ピュレスト」は、RO膜フィルターを使用した純水タイプと中空糸膜フィルターを使用したミネラルタイプの2つから選べます。

    こちらも冷水・温水・常温水搭載の機能はもちろん、加熱機能で最高95度までのお湯が作れたり、冷水タンク内の水を75度まで加熱し殺菌してくれるクリーン機能が搭載されている機種では、基本的に清掃などのメンテナンスが不要です。さらに省エネモード搭載で電気代もお得です。

    フィルターは交換時期になると郵送され、自身で簡単に交換できる仕様になっているので、メンテナンスの予約を入れる手間も必要ありません。

    オフィスなど忙しくて時間があまりない方におすすめです。

    \美容に効果があるミネラル水も選べる!/
    高機能なのに安価!

    クールクー(CoolQoo)

    クールクー

    クールクー(CoolQoo)の特徴

    • 水素水が飲める
    • シンプルな3つのコース
    • 1年に1回有人メンテナンス
    月額費用4,200円〜初期費用4,200円〜
    対応エリア関東、
    他(問い合わせ)
    メンテナンス0円〜
    RO膜チャイルドロック
    省エネモード給水ボトル型

    ウォーターサーバーでも珍しく水素水が飲めるウォーターサーバーです。水素水はコンビニなどで購入できますが、日が立つと鮮度が落ちてしまいます。

    クールクーの「ROろ過水素水コース」のサーバーには、水素発生装置が搭載されており、RO膜で生成したピュアウォーターに水素水をプラスすることで、美容や老化防止で話題の水素が月額9,000円で飲み放題です。※水素水は沸騰にすると抜けるためお湯には入っていません。

    その他にも通常の「ROろ過コース」月額4,900円やミネラル水が作れる「UFろ過コース」月額4,200円とシンプルな3つのコースのみとなっているので迷う心配がありません。

    また、すべてのコースに1年に1度専門のスタッフによるフィルター交換やしっかりと清掃してくれるサービスがつくので安心です。

    また、通常初期費用に1ヶ月分のレンタル料金がかかりますが、レビュー投稿や他者からのウォーターサーバー乗り換えで無料になるそうなので、話題の水素水の導入を考えている方や、宅配水からの乗り換えを検討している人におすすめです。

    \話題の水素水が飲み放題!/
    乗り換えがお得!

    定額制ウォーターサーバーで節約上手に!

    定額制(水道直結型)ウォーターサーバーの最大のメリットは、月々のレンタル料金だけで美味しい水が使いたい放題という点です。

    これまでは、12Lといったボトルを持ち上げて交換したり、新たに注文したりと常に水がなくならないか気にしていましたが、水道直結型ウォーターサーバーではその必要はありません。

    また、蛇口型浄水器とは違っていつでも温水・冷水・常温水を飲むことができます。赤ちゃんのミルク作りや毎日の料理にも大活躍です。

    設置は水栓や給水管に分岐部品を使用して延長するのですが、そこまで大掛かりなものではなく業者が行ってくれるので1時間程度で終わります。

    さらに定期点検やフィルター交換などのアフターフォローも月々の料金に含まれているので安心です。

    ただ、ウォーターサーバーの使用量が少ない人は、宅配型ウォーターサーバーの方が割安ですので、大人数で使用する場所や使用頻度の高い方におすすめの契約方式でもあります。

    飲み放題のウォーターサーバーですが、メリットデメリットをよく見極めた上で自宅などに導入するか決めましょう。

    水を沢山飲むメリットについてはこちら
    水を飲む水をたくさん飲むことで期待できるメリット【健康効果と体質改善】